ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : DV:市営住宅、被害者の避難用シェルターに−−来春にも熊本市 /熊本 (2010.09.09)

日時: 2010-09-10  表示:3948回

毎日新聞 9月9日(木)15時6分配信
 熊本市は、市営住宅の空き部屋をドメスティックバイオレンス(DV)被害者の一時避難用シェルターとして活用する方針を決めた。早ければ来春から制度をスタートさせる。
 DV被害者を巡って、市は04年度から市営住宅入居の抽選券を1枚追加して当選確率を上げる制度をスタート。06年度から、原則として認めていない単身入居もできるようにした。しかし、抽選倍率は今年6月に平均11倍となるなど高く、当選が難しいのが実情。また募集時期が限られており、緊急時に対応できなかった。このためDV被害者などの要望を受け、あらかじめ数部屋をシェルター用に空けておくことにした。
 市が検討している制度では、DV被害者に対し期間を1年程度に区切ったうえで、抽選を受けずに優先的に入居できるようにする。家賃も通常より安く設定する。
 同様の制度は県が07年から実施しており、毎年1人ずつ計4人が県営住宅のシェルターに入居しているという。市男女共生推進課の野口恭子課長は「DVの相談件数は年々増加傾向にあり、市に寄せられた昨年度の相談は過去最高の918件だった。民間のシェルターは原則として居住できる期限が短いので、市営住宅にある程度長期間いて、自立のために仕事を探すことなどができるのは大きい」と話している。【勝野俊一郎】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより