ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

製作被害 : 「元カノ」の人形を作った50歳のビジネスマン (2010.09.04)

日時: 2010-09-04  表示:4960回

愛する恋人との別れは、非常に悲しく辛いもの。”いつまでも一緒にいたい”そんな思いが誰しもあるからでしょう。「別れを乗り越えて人は強くなる」とも言いますが、別れを乗り越えられずに以前交際していた女性の「人形」を作ってしまった50歳のビジネスマンが話題になっています。

このイタリア人の男性が人形の製作を依頼したのは、イタリアのメーカー「Diego Bortolin」。元カノの写真を複数枚持ってきたその男性は、その中でも最も魅力的に女性が写っている写真を選び「バストは大きめに、ウエストは細く、ヒップは1.5倍の大きさにするように」とメーカーに依頼しました。

その他にも男性が要望した爪の形など、細かい部分までこだわり人形を製作。男性は非常に喜び、高額な18,000ドル(約150万円)の作成費以外にも、人形を作った工場の従業員へもたくさんのチップを支払ったそうです。

男性が人形をどのような用途で使用するかは不明ですが、果たしてこの方法で恋人を失った寂しさは取り戻せたのでしょうか。以前交際していた女性も自分そっくりの人形が作られ、別れた男性が所持している事を知ったら、どのような気持ちになるでしょう。余り気持ちの良いものではないかもしれませんね。

(Pouch - 09月03日 17:54)


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより