ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 売り手のはずが…女たちが出会い系サイトに騙されるワケ (2010.06.01)

日時: 2010-09-02  表示:3696回

出会えない「出会い系サイト」に多額の利用料をだましとられたとして、東京、大阪、岐阜の30−40代の女性3人が先日、サイト運営会社を相手に850万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。下心たっぷりの男たちがカモにされるケースは多数報告されているが、“売り手”のはずの女性が被害にあうのは極めて珍しい。どんなだまされ方をしたのか。

児童ポルノ誘導で新たに7サイト削除依…
出会い系で知り合った女性にニセ札渡す…
 訴状などによると、女性3人は2007年11月から翌年3月にかけ、出会い系とは別の携帯サイトを閲覧したところ、出会い系サイト「AIR(旧NOw)」に自動登録された。AIRは他の会員にメールを送る際に400円分のポイントが徴収される仕組みで、女性たちがいわゆる「サクラ」から届くメールに返信したところ、東京の女性は120万円、大阪の女性が552万円、岐阜の女性が43万円を請求され、いずれも支払ったという。

 出会い系サイトの広告を多数取り扱う成人雑誌編集長は、女性を食い物にする悪質サイトの実態をこう語る。

 「出会い系サイトは女性無料が一般的ですが、2005年ごろから女性にも課金するサイトが急増しました。表向きは『課金により冷やかしや援助交際などを排除し、真に出会いを求める良質な女性に限定する』などとしていますが、実態は単に男性課金だけではやっていけないケースが大半。いわゆる3K(高学歴・高収入・高身長)を装ったアルバイトのサクラがどんどんメールを送るので、舞い上がって返信してしまう女性もいるのでしょう」

2010年06月01日 IZA


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより