ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 男性も性的暴行を受ければ被害者に(韓国) (2010.08.29)

日時: 2010-08-30  表示:3756回

8月29日20時24分配信 産経新聞
 韓国で57年ぶりに刑法の全面改正作業が進んでいる。改正刑法では性的暴行の被害者に男性も含まれることになった。この改正は、男性間での暴行や、女性の男子に対する暴行など、性犯罪が多様化していることを反映したものだ。現行法で「婦女」と規定している性的暴行罪の対象を、「人」に変更する。

 現行法では、暴行の被害者の対象は女性に限定されているため、男性が暴行されても性的暴行罪(3年以上の懲役)は適用されず、同罪よりも罪が軽い強制わいせつ罪(10年以下の懲役)が適用されていた。

 韓国メディアによると、今年6月、韓国陸軍中佐(41)が部隊の部下らに性的暴行を加えた疑いで、軍事法廷で懲役2年の判決を受けた。中佐は未婚で昨年8月以降、部下らに暴行し、被害者は数十人に及ぶという。

 今年7月には、海兵隊の現役大佐が部下を暴行し、職務を解任されるケースもあった。また20代の男が7月下旬、男子高校生2人を家に連れ込んで暴行し、青少年保護法違反などの疑いで逮捕された。

 2005年には、30代の男が20代の男性を6カ月間監禁し、その間、暴行を加えていたという。また、韓国の最高裁判所は昨年9月、戸籍上は男性である性転換者にも、性的暴行罪が成立するという判決を下した。この判決は「性染色体が男性で生殖能力がない場合、刑法上『婦女』とはみなされない」とした1996年の判例を覆したものだ。

 現在、学界や法曹界など専門家で構成された「刑法改正特別委員会」で、改正内容などを具体的に協議しており、韓国法務省は公聴会を経て、刑法改正案を今年から来年にかけ順次、国会に提出する予定だ。(ソウル 水沼啓子)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより