ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

セクハラ : 鹿屋の教え子セクハラ訴訟:「わいせつ行為せず」元校長争う姿勢−−初弁論/鹿児島 (2010.08.28)

日時: 2010-08-29  表示:4078回

8月28日16時53分配信 毎日新聞
 鹿屋市内の中学に通っていた元女子生徒が「校長にわいせつ行為を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった」として、市や元校長(59)に計1500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、鹿児島地裁(牧賢二裁判長)であった。市と元校長は「わいせつ行為は一切していない」として請求棄却を求め、全面的に争う姿勢を示した。
 訴状によると、元生徒は中学3年の07年6月中旬、元校長にドライブに連れ出され車内でわいせつな行為をされた、としている。元生徒側は「信頼していた校長からわいせつ行為をされ、夜も眠れず傷は一生癒えない。市は校長への指導を怠った」と主張している。
 答弁書で元校長側は、ドライブに連れて行ったことは認めたが「気分転換のため連れて行き、わいせつの目的は絶対になかった」と反論した。
 元生徒と両親は07年、元校長を強制わいせつ容疑で鹿屋署に告訴。鹿児島地検が09年2月、不起訴処分(嫌疑不十分)としたが、鹿児島検察審査会は「(元生徒の)供述に変遷はあるが信用できる」として不起訴不当を議決。地検は10年3月、再び不起訴処分(嫌疑不十分)にした。
 元生徒の代理人弁護士は初弁論後、記者団に「検察審査会で不起訴不当の判断も出ており、わいせつ行為を受けた証拠もある。事実を明らかにしたい」と語った。【川島紘一】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより