ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : DV:女性の6人に1人被害 過去5年間、4割相談なし−−県調査/鳥取 (2010.08.26)

日時: 2010-08-26  表示:3893回

8月26日14時0分配信 毎日新聞
 ◇暴力追放へ窓口増設を
 女性の6人に1人、男性の32人に1人がドメスティックバイオレンス(DV)を受けたことがあると県の調査に回答したことが分かった。うち過去5年間でDV被害を受けた人の約4割はどこにも相談していなかった。県男女共同参画推進課が25日、鳥取市内で開いた研修会で報告した。【宇多川はるか】
 県は昨年8月、県内の男女2410人を対象にアンケートを配布し、1333人から回答を得た。DVについて女性に聞いたところ、「この1年に被害を受けた」が2・8%▽「この2〜5年に被害を受けた」が3・4%▽「5年以内にはないが、過去に被害を受けた」が11・7%で、「被害あり」の回答者は計17・9%に上った。男性の経験者は計3・1%だった。
 被害相談については、「相談しなかった」の43・4%に次いで、「家族や親せきに相談した」が34・0%と多く、一方で市町村の窓口は7・5%▽警察は3・8%と公的機関への相談は少なかった。
 男女間の暴力をなくすために必要なことを聞いたところ、51・4%が「早期に相談できる窓口の増設」を要望した。
 県子育て支援総室のDV対策の担当者は「窓口があっても相談するかしないかは被害者の判断。児童虐待と異なり、そこが難しいところ」と話している。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより