ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 日光市:DV相談センター、市役所内に設置 直接、保護命令を申し立て/栃木 (2010.08.24)

日時: 2010-08-25  表示:3990回

8月24日13時2分配信 毎日新聞
 日光市は「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」=ドメスティックバイオレンス(DV)防止法=に基づく市配偶者暴力相談支援センターを市役所内に設置した。県や警察を経由せず裁判所に直接、保護命令を申し立てることが可能になった。相談内容が複数課にまたがるため、共通相談シートを作成するなど、相談者の負担軽減を図っている。
 同法により設置義務がある県については、すでに宇都宮市に開設されている。市町村については努力義務だが、市は昨年度「市配偶者からの暴力対策基本計画」を策定、センターの設置に踏み切った。市によると、県内では宇都宮市に次ぐ開設となった。
 センターには、3人の母子自立支援員兼婦人相談員が相談業務や就業促進や住宅の確保などの自立支援に応対している。共通相談シートの導入のほか、「市女性相談ほっとライン」(電話0288・30・4140)も新設して、相談場所などが特定できないように配慮した。
 市内のDV相談者数は約30人で推移しており、減少傾向は見られないと言う。【浅見茂晴】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより