ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : アダルト画面表示続ける 新手の架空請求急増 都が注意呼び掛け (2010.08.19)

日時: 2010-08-19  表示:5072回

パソコンのデスクトップ上にアダルト画面を表示し続ける新手の架空請求が今年から急増しているとして、東京都は19日、注意を呼びかけた。アダルトサイトなどにアクセスすると、不正プログラム(ウイルス)に感染。ユーザーが家族などにアダルトサイトの閲覧が発覚するのを恐れ、料金を支払ってしまうケースも多いという。
 都によると、今年1月に都消費生活総合センターに寄せられたアダルトサイトに関する相談総件数は97件で、うち76件がこの手口によるものだった。さらに7月にはこの手の相談が148件とほぼ倍増、相談総件数に占める割合は約8割に及んだ。
 主な被害例は、無料をうたうアダルトサイトで画像などを閲覧中、ウイルスに感染。パソコンを起動するたびに「90日間見放題5万円」などと記された料金請求画面とともに、一目でアダルトサイトと分かる画面がデスクトップ上に表示される。無料ゲームサイトや迷惑メールを通じて感染する例もあるという。
 都は「ユーザーの羞恥心を巧みに利用した手口で、支払い義務がないことを知っていながら、画面を消すために料金を振り込む人も多く、相談件数は氷山の一角」としている。
 ウィルスに感染した場合は、情報処理機構のホームページ(http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20080909.html)で、システムの復旧方法などを掲載している。

2010年08月19日 産経新聞


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより