ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : アジアからDV根絶を=5カ国・地域代表が議論?民間国際シンポ開幕・千葉

日時: 2007-11-23  表示:6323回

2007年11月23日18時30分配信 時事通信

 夫や恋人からの暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)の根絶を目指す国際シンポジウム「女性への暴力根絶。アジアからの発信」が23日、千葉市で開幕した。日本のほか中国、韓国、モンゴル、香港からDV問題に取り組む民間団体の代表が参加。各国の現状や支援策が報告され、立ち遅れている点も多い日本の課題などが議論された。
 シンポジウムは、DV被害者を支援する特定非営利活動法人(NPO法人)「全国女性シェルターネット」が主催。今回が10回目で、初の国際シンポジウムとなった。
 「モンゴル女性への暴力根絶センター」のエンヘジャルガル代表は「3年前に法律が整備されたが、実効性が十分ではない。特に(加害者の取り締まりに当たる)警官の認識を変えないといけない」と話した。
 日本側からは、配偶者暴力防止法の対象が、事実婚や元配偶者を含む配偶者間に限定され、若年層などでの恋人からの暴力が救済されないといった問題点が報告された。 

最終更新:11月23日18時30分


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより