ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 企画AV女優たちの苦悩を描く「名前のない女たち」予告編解禁 (2010.08.12)

日時: 2010-08-12  表示:4158回

8月12日11時32分配信 映画.com

 [映画.com ニュース] AV女優たちの“性”と“生”にまつわるインタビューなどで構成されたノンフィクション本の映画化「名前のない女たち」の予告編映像が公開された。

 同作は、渋谷の路上でスカウトされてAV業界入りした地味なOL・純子が、コスプレAV女優ルルとして人気を博し自分の居場所を見出すが、人気が落ちた途端に使い捨てられる残酷な業界の現実を突きつけられ、苦悩する姿を描く。

 AV業界は市場規模1000億円、年間2万タイトルが生み出されているといわれ、働く女優は年間3〜4万人と推定される。その大半は名前の知られた「単体女優」ではなく、あくまでも性の対象として過激な仕事をこなす「企画女優」だ。その多くは家庭内DVやセックス依存、いじめといった問題を抱えた末、業界にたどりつく。同作は、そんなAV業界で生きる女優たちの姿を通し、人に言えない悩みを持ち、都会のなかで漂流する現代女性たちに生きていることの意味を投げかけていく。

 主人公の純子=ルルを演じるのは、今回が映画初主演の新人・安井紀絵。綾乃役には「神の左手悪魔の右手」「エクステ」の佐久間麻由。2人はヘアヌードも辞さない体当たりの熱演を披露。予告編にも、ルルと綾乃がAV撮影に臨む場面や、やがて降りかかる厳しい現実に本音を吐露する姿が映し出されていく。

 監督は、サトウトシキ、佐野和宏、瀬々敬久と並んで「ピンク四天王」と称される佐藤寿保。共演には新井浩文、渡辺真起子、鳥肌実らが顔をそろえる。

 「名前のない女たち」は9月4日から公開。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより