ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

慰安婦問題 : 「日本は謝罪と賠償を!」、韓国で慰安婦人権文化祭が開催 (2010.08.06)

日時: 2010-08-09  表示:3453回

2010/08/06(金) 15:54 サーチナ

 韓国の統営市で5日、「慰安婦被害者基金調達平和人権文化祭」が開催された。今年で8回目を迎えた文化祭では「日本の謝罪と賠償を必ず受けなければならない」と呼び掛けが行われた。韓国メディアが報道した。

 文化祭は、韓国の市民団体「日本軍慰安婦おばあさんとともにする統営・巨済市民会」が主催したもので、慰安婦問題を扱った「終わらなかった戦争」をはじめ、4編の人権映画が上映された。

 また、すでに死亡した慰安婦被害者に対する追慕祭と日本支配下における被害者の姿を映した写真展なども開催された。行事の収益金は慰安婦被害者たちの心のケアと福祉、名誉の回復などに使われるという。

 報道によると、現在生存している慰安婦被害者は83人で、韓国国内に75人、海外に8人いる。女性学者のオ・ハンスク氏は「日本は83名の慰安婦被害者がみんな亡くなることを願っている。証人がいなくなるまで待っているようだ」と述べ、慰安婦問題に対する日本の態度を強く批判した。

 市民会のソン・ドザ代表は「文化祭は正しい歴史を知り、再びこのような残酷な歴史を繰り返さないための足取りだ」とし、過去の過ちを断罪しないことは、未来の犯罪に勇気を与えることだと指摘した。

 韓国メディアは文化祭の意義について、「過去のあやまちの歴史を振り返って、その歴史的意味を再確認し、戦争のない平和な未来を子孫たちに残すための平和運動の場所になると期待できる」と報じた。(編集担当:永井武)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより