ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 不同意堕胎事件、医師に懲役3年執行猶予5年 (2010.08.09)

日時: 2010-08-09  表示:4024回

 交際していた女性に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、不同意堕胎罪に問われた元東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)の医師小****被告(36)(懲戒解雇)の判決が9日、東京地裁であり、田村政喜裁判長は懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 起訴状などでは、**被告は、妻との結婚を2日後に控えた2008年12月30日、当時交際していた別の女性から妊娠を告げられた。その後、09年1月9?11日、子宮収縮剤をビタミン剤と偽ってこの女性に数回服用させた上、同月12日午後、陣痛を誘発させる成分が入ったアンプルを栄養補給剤と称して点滴し、妊娠約6週目の胎児を流産させたとしている。**被告はこれらの薬剤を、同病院で患者に処方するとうそをついて不正に入手したり、病棟の薬品棚から無断で持ち出したりしていた。

2010年08月09日 読売新聞


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより