ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

盗撮 : トイレで女性盗撮の日本人駐在員を拘束=上司も治安拘留処分に―広東省深セン市 (2010.08.08)

日時: 2010-08-09  表示:5238回

8月8日9時51分配信 Record China

 2010年8月6日、広東省深セン市宝安区で、日本人駐在員による盗撮が発覚、現在は警察に拘束されている。トイレにピンホールカメラを設置し、同僚を盗撮していたという。7日、羊城晩報が伝えた。

 市民からの通報を受け、記者は宝安区のあるオフィスビルを訪れた。周囲には黒山の人だかり。ビル6階の窓には1枚の横断幕が風に吹かれて揺らいでいた。「日本人は女性従業員をいじめた。私は権利を守るために発言しなければならない」と大書してある。その脇にはベランダに片足をのせ、窓の外に身を乗り出した女性。両手で窓ガラスを叩いている。

 女性はビルに入っている日本企業の従業員。8月2日、トイレの個室から出ようとしたところ、ドアが何かにぶつかった。見ると日本人の同僚ではないか。その日本人男性はピンホールカメラでトイレを個室の外からこっそり盗撮していたという。女性はただちに通報。問題の男性は警察に拘束され取り調べを受けているほか、企業トップの日本人管理職も警察に治安拘留されているという。なお女性は「精神補償費」を求めているが、金額は不明。(翻訳・編集/KT)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより