ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 米HPトップが引責辞任=セクハラ、経費不正請求疑惑で (2010.08.07)

日時: 2010-08-07  表示:3551回

8月7日9時8分配信 時事通信
 【シリコンバレー時事】コンピューター世界最大手の米ヒューレット・パッカード(HP)は6日、元契約社員に対するセクハラ疑惑の渦中にあるマーク・ハード最高経営責任者(CEO=53=)が同日付で辞任し、暫定CEOにキャシー・レスジャック最高財務責任者(CFO=51=)を起用する人事を発表した。報道によると、経費の不正請求疑惑が重なり、引責辞任を自ら決断したという。
 告発を受け6月に着手された社内外の調査の結果、元女性契約社員に対するセクハラ疑惑が浮上したが、最終的に「ハード氏に、関連する社内規定の違反行為はなかった」(HP)と結論。しかし、同氏は声明で「苦渋の決断だがトップとしての資質が問われ、退くことが唯一の選択肢」と説明した。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより