ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

セクハラ : 国に580万円支払い命令=わいせつ被害、退職強要を認定?空自セクハラ訴訟 (2010.07.29)

日時: 2010-07-30  表示:4243回

7月29日13時34分配信 時事通信
 北海道内の航空自衛隊施設に勤務していた元隊員の女性(24)が同僚の男性隊員(35)からわいせつ行為を受けた上、相談した上司に退職を迫られたとして、国に慰謝料など約1100万円を求めた訴訟の判決が29日、札幌地裁であった。橋詰均裁判長は訴えを認め、国に580万円の支払いを命じた。
 橋詰裁判長は「わいせつ行為は深刻で、女性の肉体的・精神的苦痛は甚大」と認定。上司らの対応についても「女性を厄介者とし、退職に追い込もうとする露骨で不利益な扱いだった」と厳しく指摘した。
 女性は判決後、「自分は間違ってなかったと思えて感動した。自衛隊は、隊員の人権が保障される組織になってほしい」と語った。
 判決によると、女性は2006年9月、夜勤中の男性隊員に呼び出され、体を触られるなどのわいせつ行為を受けた。職場で被害を訴えたが、複数の上司から休暇取得や退職願を書くよう迫られた。女性は09年3月、任用を継続されず退官した。
 男性隊員は強制わいせつ容疑で書類送検され、07年に不起訴処分となっている。
 防衛省航空幕僚監部の話 裁判所の理解が得られなかった。内容を検討して対処したい。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより