ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 「人権無視か」中国公安に批判、売春女性の“さらし刑”写真に強い反発。 (2010.07.21)

日時: 2010-07-21  表示:5332回

中国で生活していると、ときどき目撃することがある“さらし刑”。窃盗などの罪を犯して逮捕された人に手錠をかけ、しばらくその場に放置したり、街中を歩かせたりして衆目にさらす行為だ。先日、こうした“さらし刑”を受ける性風俗産業の女性の写真がネットで公開され、公安当局に批判が殺到している。

ネットに公開されたのは、売春行為をしたと思われる女性に手錠をはめ、裸足のまま街頭で“さらし刑”にしている数枚の写真。広東省東莞市公安局の2010年アジア競技大会へ向けた治安強化活動の一環で行われた取り締まりの風景と見られ、女性だけでなく、連行される男性の写真もある。

これらの写真はすぐさま中国メディアや掲示板サイトなどに掲載されたが、女性の顔にモザイク処理が施されていたり、いなかったりと対応の仕方がサイトによってバラバラ。写真によっては女性の顔立ちから服装まではっきりとわかるものもあり、元画像を加工しないで公開した公安からすれば、犯罪者のプライバシーなど「知ったことではない」といったところなのだろうか。

しかし、ネットユーザーはこれらの写真に驚きを隠せなかったようで、ある掲示板サイトではユーザーのコメント数が4000近くにまで達した(7月20日現在)。そして、そのほとんどが公安の行為を「行き過ぎ」とし、たとえ売春をした女性であろうと「最低限の尊厳は与えるべき」とする意見が大半を占めている。

ちなみに中国では同様の事件として、昨年10月に河南省鄭州市公安局が、現行犯逮捕した性風俗店で働く女性の全裸写真を公開。その際もネットを中心に「人権無視」と公安に対する批判が殺到した。

2010年07月21日 narinari.com


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより