ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 首都大生「ドブス写真集を作る」 無断撮影、サイト投稿 (2010.06.19)

日時: 2010-06-19  表示:4453回

6月19日7時55分配信 産経新聞
 ■「人権侵害」「いじめの一種」

 首都大学東京(東京都日野市)の男子学生2人が、路上の女性に「ドブス写真集を作る」などと声をかけて無断で動画を撮影し、動画投稿サイトに投稿していたことが18日、分かった。ネット上では非難が相次いでおり、大学側も事態を把握。学生に聞き取り調査をしたところ、「問題点があると認識しないまま公表した」と事実関係を認めたという。大学では「厳正に対処する。映像を流された方には深くおわびしたい」としている。

 大学などによると、問題の動画はシステムデザイン学部4年の男子学生2人=(22)と(23)=が今月12日、東京都立川市のJR立川駅で撮影。通行中の女性に「ドブス写真集を作ろうと思っています」などと声をかけ、女性がいやがって逃げる様子などがとらえられている。

 大学が17日に学生らに事情を聴いたところ、2人は映像を作ることに興味を持っており、動機について「不道徳なものから生じるおかしみを追求することで、何らかの表現ができるのではないかと思い、作品として作った」と話したという。

 学生は14日に動画投稿サイト「YouTube」にこの動画を投稿。16日に友人から忠告を受けて削除したという。

 しかし、元の動画の女性の顔にモザイクをかけるなどした動画が別のサイトに転載され、「人権侵害だ」などと非難するコメントが多数書き込まれている。また、掲示板サイトの「2ちゃんねる」にも学生の実名や住所を挙げ、「いじめの一種だ」といった書き込みがあふれている。

 さらに、学生が自分のブログに書いていた、無関係な友人の実名などの個人情報もネット上にさらされている。学生は「ネットの影響力を甘く見ていた」とショックを受け、「相手の気持ちを考えなかったし、友人にも迷惑をかけた」と反省しているという。

 ネット犯罪に詳しい甲南大学法科大学院の園田寿教授は「侮辱罪で逮捕されてもおかしくない。非常に悪質で明らかな犯罪行為」と指弾。無断撮影の画像をネット上に投稿したことも、民法上の不法行為に当たると指摘している。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより