ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

支援 : 性暴力 被害者支援考える集会(2010.5.26)

日時: 2010-05-26  表示:4754回

5月26日 21時11分 NHK

 心身に深い傷を残す性暴力の被害者への支援のあり方を考える集会が東京で開かれ、被害者がいつでも相談や治療を受けられる体制の整備を求める声が相次ぎました。

 この集会は、性暴力の被害者の支援など、女性の権利を守るさまざまな活動をしている20の団体が開いたものです。性暴力の被害者をめぐっては、身体的、精神的なショックから被害を届け出ることをためらい、何のケアも受けないまま長年にわたって後遺症に悩むケースも少なくないことが指摘されています。集会では、先月、全国に先駆けて、大阪の病院で24時間体制で相談を受け付ける被害者の支援センターをスタートさせた加藤治子医師が、1か月で72件の相談を受けたことや、運営資金をすべて寄付で賄っていることなどを報告しました。そのうえで、被害者に安心できる場所を提供することが最も大切で、そのためには、公的な支援と警察や弁護士などとの連携が必要だと訴えました。集会には福島消費者・少子化担当大臣も出席し、「国も性暴力に対し、24時間対応するホットラインの設置や被害者のカウンセリング費用の援助などを検討しており、さらに支援を充実させていきたい」と述べました。主催した団体では、今後、関係する省庁や国会議員などに、被害者支援の充実を働きかけていくことにしています。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより