ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : <児童買春>周旋容疑で男を逮捕 「神待ちサイト」で募集(2010.5.18)

日時: 2010-05-18  表示:5150回

5月18日12時14分配信 毎日新聞
 家出した女子中学生に児童買春をさせたとして、警視庁少年育成課は18日、東京都豊島区上池袋3、プログラマー、横****容疑者(30)を児童買春禁止法違反(周旋)などの疑いで逮捕したと発表した。**容疑者は、家出少女を泊める男性を募るインターネットサイト「神待ちサイト」で女子中学生と知り合ったといい、少年育成課は、このサイトの実態は出会い系サイトで、児童買春の温床となっているとみて警戒している。

 逮捕容疑は、09年9月19日、豊島区内のホテルで、当時都内の公立中2年だった女子生徒(14)を、都内のフリーターの男(37)=児童買春禁止法違反で罰金50万円=に買春させたなどとしている。

 同課によると、**容疑者は容疑を認め「家出を望む人の心境や動機に好奇心があった。家出人を迎え入れることが人の役に立っていると思っていた」と供述しているという。**容疑者は09年1月以降、このサイトを通じて知り合った児童2人を含む14?34歳の女性6人を自宅マンションに泊まらせていた。今回の女子生徒もその一人で、同課は同様の手口で買春をあっせんしていたとみている。

 同サイトでは、家出少女を泊めるなど生活をサポートする男性は「神様」「泊め男(お)」と呼ばれている。出会い系サイトは、公安委員会に届け出ずに匿名性が高いレンタル掲示板を使っているケースが多いため、サイト開設者の摘発は難しいという。【町田徳丈】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより