ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

売買春 : 前代未聞!? 歌舞伎町“キャバ嬢デモ”を目撃せよ(2010.3.15)

日時: 2010-03-16  表示:4940回

ZAKZAK

 前代未聞の“キャバ嬢デモ”を目撃せよ! キャバクラ勤務歴がある女性らが昨年末に結成した労働組合「キャバクラユニオン」が今月26日、東京・歌舞伎町で大規模なデモを行うことが分かった。突然の解雇や暴力、セクハラ、巨額の罰金やノルマといった“夜の常識”に「もう、黙っていられない」として、人出の多い金曜日の夜、日本最大の繁華街でアピールの声を上げるという。これは必見だ。

 昨年12月の結成当初、キャバクラユニオンの組合員は10人にも満たなかったが、現在は20人以上に増えた。関係者によると、デモは同ユニオンの母体となるフリーター全般労組(組合員約200人)が協力し、ネット上でも参加を呼びかける。現段階で100人前後の参加が想定されているという。

 デモは26日午後6時に新宿駅東口を出発し、「水商売仲間の多くが、いまなお理不尽さの中で働いている」という歌舞伎町へ向かう。キャバクラなどが密集する「花道通り」と「区役所通り」を練り歩き、約1時間かけて再び東口へ戻る。

 同ユニオンは結成時、スカートの中を写真撮影されるなど、大半の女性従業員が男性従業員から日常的にセクハラを受けていた実態を明らかにした。また、「指定した日に客を呼べなければ罰金数万円」「15分遅刻で罰金1000円」など、労働基準法(制裁規定の制限)に違反するとみられる事例の改善を訴えた。

 “泣き寝入り”を防ぐため、同ユニオンは電話で相談を受け付ける「キャバクラ労働相談ホットライン」を開設。キャバクラ勤務の女性やその家族らから「店を辞めるなら数十万円払えといわれた」「店側が身分証のコピーを使って勝手に消費者金融から金を引き出した」などの悪質な雇用実態を告発する声が多数寄せられたという。

 同ユニオンは「私たちは水商売の業界がちゃんとすることを求めます。約束通り働いた分の賃金を払い、人としてまともに扱うことを求めます。わずか1時間のデモですが、みなさんの注目と参加をお願いします」と呼びかけている。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより