ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

製作被害 : 屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ

日時: 2010-01-24  表示:6155回

 写真家の篠山紀信さん(69)が写真集用のヌード写真を屋外で撮影したとして、公然わいせつの疑いで事務所などが捜索された事件で、篠山さんが警視庁に「周囲に見られないような配慮が足りなかった」などと説明していることがわかった。

 同庁は、篠山さんとモデルの女性2人の計3人を同容疑で近く書類送検する。

 捜査関係者によると、篠山さんら3人は2008年7?9月の深夜、東京・赤坂や青山など都内の複数の屋外で、公然と裸の写真を撮影した疑いが持たれている。

 問題の写真集は、昨年1月に出版された「NO NUDE by KISHIN 1 20XX TOKYO」(朝日出版社)。墓地や結婚式場、JRの線路内でのヌード写真が約60ページにわたって掲載された。

 撮影時に通行人などから複数の110番が入るなどしたため、同庁が同11月、篠山さんの事務所や自宅など3か所を捜索、関係者から事情を聞いてきた。その結果、篠山さんは「周囲に見られないような配慮をしたつもりだったが、(配慮が)足りなかった」「騒がせて申し訳なかった」などと話しているという。

 篠山さんの写真集を巡っては、1991年6月、女優のヌード写真集について「わいせつ性が高い」として出版社が警視庁の警告を受けたことがある。

 今回の作品について同庁は、「不特定多数の目に触れる複数の場所で、公然とヌード撮影が行われていたのは明らか」として、篠山さん本人の刑事処分を求めることにしたという。 最終更新:1月23日14時38分


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより