ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   >>  最初

売買春 : The Sexual Exploitation of Young Girls in Japan is \'On the Increase\'

日時: 2019-11-04  表示:291回

Time October 29, 2019
by Charlie Campbell / Tokyo

Kurumin Aroma felt like her life was over at just 21. She was about to enter her senior year at college, had already been accepted onto a stuffy conglomerate’s graduate program, and was staring at years shuffling paper in a beige cubicle.

So when the suave man with flash business card approached her in Tokyo’s bustling Shinjuku neighborhood, talking enthusiastically about a career in modeling, dreams of exotic photo shoots and star-studded parties washed over her.

“It was perhaps a little easier for him to persuade me than it should have been,” Aroma, who uses an alias in public, tells TIME.

Fast forward eight years and Aroma looks back at the episode with crushing regret. But she is determined to weaponize the ensuing trauma to help stop others from becoming, like her, one of the hundreds of young Japanese women coerced into pornography by tricksters masquerading as legitimate modeling agents.

After being pressured into signing a convoluted contract, and flown to a remote location far from home, she was bullied into sex acts before rolling cameras, with threats of legal repercussions if she didn’t acquiesce. “I really didn’t feel I was able to say no,” she says.

It’s a common story. The coercion of young women into pornography and prostitution has become an epidemic in Japan, where the fetishization of adolescence is disturbingly common and legal protections for children shockingly lax.

Shihoko Fujiwara, founder of the Lighthouse NGO that helps victims of sex trafficking in Japan, says she took on 103 new cases last year&#8212;similar to Aroma’s&#8212;on top of the hundreds already on her books. Ten years ago most of those she helped came from abroad, but today the bulk of cases that come before her charity comprise teenage runaways and abuse victims from Japan.

“It’s definitely on the increase,” she says. “We have also seen lots more children victimized in the commercial sex industry come to us for help.”

Although officially illegal, Japan has a booming sex industry due to numerous loopholes. On any night, the streets of Kabukicho, central’s Tokyo’s infamous red light district, teem with girls dressed in school uniforms beckoning bleary-eyed salary men into dingy bars and massage parlors known as joshi kosei, or “high school girl,” businesses.

Japan has some 300 cafes&#8212;the ones in Tokyo fill a whole street&#8212;where teenage girls in school uniform chat to older men for about $50 per hour (including all the beer you can drink). Men pay to hold hands, go for a walk or even snooze on a girl’s lap. Some then arrange “dates” away from the caf&#233;. An estimated 5,000 teenagers earn cash this way.

Most shockingly, child pornography, only made illegal in 2014, remains rife. An extensive study found 15% of the male population have viewed child pornography while 10% own it. There is also a booming and perfectly legal trade in “Lolicon”&#8212;Lolita themed manga and anime&#8212;featuring extreme violence, rape and incest involving children. Sexually suggestive videos known as chaku ero, which don’t show naked genitals, buttocks or breasts, but can feature children as young as six-years-old, remain legal.

There are few laws to protect children. In April, protests erupted in Tokyo after a father walked free after raping his own teenage daughter because she did not put up what the court considered “sufficient resistance.” And while it is illegal for a woman to be paid for sex, “Around 100 pimps are out on the street every night trying to recruit young girls,” says Yumeno Nito, of Tokyo’s Colabo NGO. It’s also legal for a man to solicit customers for a female sex worker.

Every Wednesday, Nito and her volunteers drive a big pink bus to hotspots in central Toyko and set up their mobile Tsubomi Caf&#233; to help at-risk girls. It offers food, coffee and counseling, as well as condoms, toothbrushes and feminine hygiene products, to girls who would rather hang out on the street than go home.

“We are mainly helping teenage girls who are abused by their parents or don’t fit in at school,” says Nito, who also runs a shelter for runaway youngsters.

It’s an unfortunate fact that the world’s third largest economy struggles to provide adequate social services for young people. Last year, Japan had only 3,250 child welfare workers on the books, but 122,578 reported cases of child abuse. Despite the government’s intention to add another 2,000 welfare professionals, Nito says most resources are spent on services for infants and the very young, meaning teenagers slip through the cracks.

“The government looks at abused girls as lost causes, who can’t join normal society again,” she says.

Other then being approached on the street, young people are commonly groomed online. Often, they are coaxed or coerced into sending nude or compromising photos of themselves to predators, whom then use that material to extort more sordid contacts, beginning a worsening spiral of abuse. An estimated 170,000 junior high and high school girls are engaged in prostitution. Once snared, some actively solicit men online or attempt to earn money by selling nude photos or underwear.

“They feel like they are being empowered by being abused,” says Fujiwara.

Once released onto the web, photos and videos are almost impossible to remove. For a young person to have their molestation constantly shared in the public domain can be devastating. Many suffer for years and feel forced to quit jobs or college.

“Some of them commit suicide,” says Fujiwara.

Aroma spent years trying to expunge films of her abuse from the Internet. “Every time I managed to get a copy taken down another one is loaded up, so eventually I just gave up trying,” she says. The agency she signed with closed down and her abusers are difficult to track down. While her immediate family has been supportive, she says some relatives have broken off all contact, unable to handle the shame.

‘We just don’t have a proper system’

Fujiwara says international pressure is key to fixing the system. The move to finally outlaw child pornography came after concerted pressure, primarily from the Swedish government. A visit from and damning 2016 report by, the U.N. special rapporteur on the sale of children, child prostitution and child pornography, prompted a bill currently under consideration that aims to boost legal safeguards relating to child sex work.

Still, Japanese law says victims of sex trafficking must arrive in Japan from another country, which is at odds with the internationally recognized definition. As such, despite the multitude of cases NGOs like Lighthouse and Colabo see on a daily bases, Japan officially recognized only 25 trafficking cases last year. What’s more, Japan still doesn’t have a dedicated human trafficking law.

“We just don’t have a proper system,” says Fujiwara. “Victims of human trafficking are put into a domestic violence shelter, which is awful.”

With the Olympics arriving in Tokyo next summer, activists hope the world’s gaze will force the government to properly address the issues. Already, pornography has been removed from convenience stores and a new registration criteria introduced for Kabukicho’s seedy establishments. Yet some also fear this is just sweeping the problem under the carpet.

Aroma, for one, has little faith in her government’s desire or wherewithal to tackle the issue. Instead, she uses her Youtube channel to raise awareness of sexual exploitation. She believes the key is on educating young girls about the gap between what they see on TV and life’s cruel reality. Too often, she says, “you think your dream is to be a pop star, but then the situation suddenly turns tragic.”

&#8212;With reporting by Mayako Shibata / Tokyo

売買春 : 「1000人ぐらいの男を相手させられて疲れてしまった

日時: 2019-11-01  表示:300回

ABCテレビ 2019/10/30(水) 19:22配信

少女を客の男性に引き合わせて、売春をあっせんしたとして、男2人が逮捕・起訴されました。

無職の****被告(35)ら男2人は、去年12月から今年6月の間、当時17歳と18歳の少女2人を客の男性に大阪市内で引き合わせ、売春をあっせんするなどしたとされます。今年1月、うち1人の少女から「1000人ぐらいの男性を相手にさせられて、疲れてしまった」という相談が警察にありました。**被告らは女性になりすまして、SNSに「援助交際募集」などと書き込んで客を集め、3年間で約6000万円を売り上げていました。**被告は「割のいい仕事だった」と容疑を認めているということです。

支援 : 安倍政権8000万円削減 性暴力被害者ワンストップ支援

日時: 2019-10-28  表示:286回

『しんぶん赤旗』2019年10月27日(日)

「半額補助」守らず

 性暴力被害の相談を受け支援するワンストップセンターの運営費(機能強化を含む。2018年度)をめぐって、安倍内閣は、国の財政支援が総計で2億5000万円(44カ所)必要だったのに予算の範囲に収めようとして、24カ所で計8000万円削減していたことが分かりました。予算不足への対応が急務となっています。

 性暴力被害者ワンストップ支援センターの運営は、各都道府県の事業です。国は「性犯罪・性暴力被害者支援交付金」(17年度新設)で、運営費の2分の1を補助するとしています。

 本紙が情報公開請求した資料によると、交付金を申請した44都道府県の運営費は5億477万円。2分の1の2億5238万円が交付金所要額とされました。しかし、交付金の予算額は1億7280万円です。実際の補助は3分の1にとどまります。

 首都圏のある県の交付金申請文書に添付された県予算見積調書には、「補助率1/2だが、他県の内示状況を参考に1/3で積算」と書かれています。

 少ない予算に合わせるために、安倍内閣は二つの方法を使いました。

 一つは、支援センターの運営費基準額(1カ所)の設定です。これにより交付決定額を1億7531万円に減らしました。それでも予算額を251万円上回るとして、二つ目の方法を使います。基準額を超える24都府県が、超過分の一律4・86%削減される羽目に遭いました。

 運営費の大半は被害者の相談・支援にあたるスタッフの人件費です。

 政府は、相談員の人件費について、国の積算基準は、「平日8時間、2人分、単価は1時間当たり、申し訳ないながら1000円」としています(3月12日、参院内閣委員会。日本共産党・田村智子参院議員の質問に渡邉清・内閣府大臣官房審議官が答弁)。

 しかし、「2人体制、時給1000円」という人件費をもとに設定された国の基準額では、支援センターの運営は困難です。
各地の性暴力被害者ワンストップ支援
国の基準 実態とかい離

 各都道府県の事業である性暴力被害者ワンストップ支援センターに対して、国は、交付金で運営費の2分の1を補助するとされています。しかし、情報公開請求資料から2018年度の交付金(44都道府県が申請)を見ると、24都府県で補助が削られています。

 関東地方のA支援センターは平日午前9時から午後5時まで、年1708時間の運営です。被害者支援にあたるスタッフは常勤2人(月給)、非常勤(1日6時間)1人。他に被害者の希望を聞き、必要な支援を提示するコーディネーター(非常勤)が配置されています。国の基準とする「2人分」では運営が困難であることがわかります。

 被害者に付き添う同行支援ボランティアの賃金と交通費。これに事務所管理費などを合わせると運営費は1099万円です。交付金は359万円(運営費の32%)です。東北地方のB支援センターは平日10時〜午後8時と、土曜午前10時〜午後4時の年2728時間運営とされています。

 運営を委託している団体との契約では、スタッフは相談員・支援員をセンターに最低でも2人配置し、病院や司法関係者などへの付き添い支援も必要です。同センターの特徴は、男性の相談員の配置です。毎週土曜には、男性による対応を希望する相談者のために、相談員・支援員のうち1人は男性を配置することが委託契約に入っています。

 運営費は853万円。本来の2分の1補助なら交付金は426万円ほど。しかし、国の基準額(410万円)に抑えられた上、超過分に一律4・86%の削減(3万円)が加わり、407万円の補助となっています。削られたのは19万円ほどですが、男性相談員の賃金(年47万円)と比べると、その重さが実感できます。

 24時間365日運営(年8760時間)の場合、運営費に対する実際の補助率は最も低い県で14%です。運営費5301万円に対し交付金は740万円です(基準額は760万円)。夜間、休日の相談員・支援員の体制を平日の日中と同様の体制で支えています。

 一方、夜間・休日をコールセンター企業のダイヤル・サービス社に委託している県も少なくありません(図)。北陸地方のある県は、約288万円で同社に委託しています。また、同じ北陸地方の別の県は約340万円で同社に委託しています。2県の委託料を合わせてやっと夜間・休日の1人分の人件費が出てくる勘定です。こうした体制が、性暴力被害の相談を受け心身のケアにあたる支援センターとして適切なのか検討が必要です。

製作被害 : 「怖くて逃げ出せず…」騙されてAV出演、プラモアイドルが

日時: 2019-10-20  表示:376回

弁護士ドットコム 2019年10月20日 09時48分

騙されてアダルトビデオに出演させられた――。プラモデルのよさを広める活動をしているアイドル、香坂きのさん(30)が10月初旬、動画サイト上でこんな内容のカミングアウトをおこなった。

弁護士ドットコムニュースの取材に、香坂さんは「半年前から、もし出演していたことが発覚したら、本当のことをみんなに伝えよう、と覚悟していた」と話す。9月下旬、ネット掲示板で話題になっていることに気づいて、この動画を公開することにしたという。

あまりにも反響が大きく、香坂さんのところには「わたしもそういう目に遭いました」というメッセージがいくつも寄せられているという。これまでも、少なくない女性が「騙されてAVに出演させられた」と告白している。

2016年5月には、フリーアナウンサーの松本圭世さんも同じような体験を打ち明けている(https://www.bengo4.com/c_23/n_4697/)。香坂さんの場合は、どのような経緯があったのだろうか。

●大手メーカーから発売された作品
香坂さんが出演したのは、2011年に大手AVメーカーから発売された作品だ。香坂さんによると、はっきりと覚えていないが、2010年ごろに撮影があったという。

香坂さんはある日の昼過ぎ、名古屋・栄のパルコ前で、友だちと待ち合わせをしていた。約束の時刻まで15分早く着いて、友だちはいなかったので、スマホを見ていたところ、男性から声をかけられた。

「アンケートに協力してもらえませんか?」

その場で、アンケート内容は教えてもらえなかったが、「新商品のアンケート」くらいにとらえて、とくに警戒心も抱かずに「(約束した時刻までの)15分で終わるなら」と協力することにした。

パルコのすぐ近くにある駐車場まで連れて行かれて、その男性に「ある悩みをもった人がいるから、その人を励ましてほしい」と言われた。

さらに「映像として記録に残すから、サインもしてほしい」と承諾書のような紙をわたされた。それ以上の説明はなかったが、流し読みしてサインをしてしまったという。

●ワンボックスカーに入った
そのあと、駐車場の奥にとめられていた車に連れて行かれた。大きなワンボックスカーだった。後部座席のスライド式ドアをあけると、ソファーが置かれていて、中に入ると、外からドアを閉められた。

ワンボックスカーの中には、2人の男性がいた。カメラマンと男優だった。ソファーに座ると、ドアの前が塞がれていることに気づいて、そこで初めて、香坂さんは「AVの撮影かもしれない」と思ったという。

「頭の中は完全にパニくりました。とても怖かったのですが、逃げようとして、逆にもっとひどいことをされるかもしれないと思って、逃げ出すこともできませんでした」

「『こうしてください』『こう言いなさい』と指示されました。早く解放されるためには、言うことを聞いたほうが早いだろうとあきらめました」

穏便に済まそうという感情がはたらいて、できるだけ明るくふるまった。しかし、映像の中で、彼女の目はまったく笑っていない。

当時看護師をしていた彼女は、言われるがままに「OL」と名乗り、男優の性器をマッサージ道具のようなものではさんだり、手袋をはめてさすったりした。

撮影が終ると、現金2万円をポンと手わたされた。「有無を言わさないぞ、という圧がありました」。時計は見ていなかったが、「絶対に約束の時間に遅刻しているだろう」と思った。車から出ると、外はまだ明るかった。

●「封印していた記憶が掘り起こされた」
その日待ち合わせしていた友だちには打ち明けたが、どうしても警察や家族には相談できなかった。

「承諾書の控えももらえず、どこの誰なのかもわからなかったので、警察が動いてくれないと思ったんです。私が忘れてしまえば、その動画と出会うこともないだろうと。みんなも気づかないだろう。だから、なかったことにしよう、忘れようと」

それから約9年という月日が流れた。香坂さんは、仕事をかえて上京し、本当に忘れかけていた。ところが、今年に入って、ツイッターのダイレクトメッセージ(DM)で「これはあなたじゃないですか?」という連絡が寄せられた。

「それまで、自分の映像が販売されていることも知りませんでした。ディスク化されていることや、メーカーがどこかも知りませんでした。大手メーカーということも知りませんでした。封印していた記憶がまさに掘り起こされたような感じでした」

このとき、「もし出演していたことが広まったら、みんなに本当のことを動画で伝えよう」と覚悟した。そして、9月下旬になって、ある掲示板で騒ぎになったことに気づいて、出演の経緯についてカミングアウトする動画を準備して、10月1日から4日にかけて、動画サイト上にアップロードした。

「もちろん、誇りをもってAVの仕事をされている人はいると思いますが、わたしは自分からすすんで出演したと思われたくなかったんです。今の私の活動を応援してくれている人たちに誤解されたくないというのが、一番にあったと思います」

●「同じように被害にあった人がいる」
一部ネット上で叩かれるなど、カミングアウトの反響は大きかった。一方で、女性から「私もそういう目に遭いました」という声も寄せられる。また、「男優をやってる者です。そういうのありますよね。がんばってください」というメッセージもあった。

「(同じ作品に映っている女性たちが)アンケートだと言われて連れ来られたのだとしたら、私だけじゃなくて、同じような被害にあった人がいることになります。当たり前のように騙して、撮影して、世の中に出して、お金儲けしている人たちには、腹がたちますね」

香坂さんがアップロードした動画は現在、非公開となっている。真実を知ってほしいと思った人たちにある程度伝わったという感覚があるからだ。それでも告白には勇気がいるだろう。後悔はしていないのだろうか。

「後悔してますよ。でも、私がやろうとしていることをみている人ならわかってくれると信じています。きっとこの先、私がどう生きていくか。もっと楽しいこと、たとえばプラモデルのよさを広めていくことが、この先の私の戦いなのだと思っています」

香坂さんは現在、AV人権倫理機構に対して、正規作品の販売・配信停止を申し立てている。

盗撮 : 《慶應アメフト盗撮》女子マネジャー風呂を盗撮・拡散し

日時: 2019-10-20  表示:352回

2019/10/19(土) 19:00配信 文春

 複数の慶應アメフト部員が合宿中の宿泊施設で女子露天風呂を盗撮していた問題。10月15日、慶應アメフト部は公式ウェブサイトで《このたび、部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため、無期限で活動を自粛いたします。》と発表した。「週刊文春デジタル」が同大アメフト関係者らに取材を進めると、その盗撮手口の詳細がわかった。

 今年8月下旬、慶應アメフト部は恒例の夏合宿で、約200人の部員とスタッフが1週間ほど静岡県内にある施設に宿泊していた。合宿の様子はTwitterにたびたび投稿されている。

《【夏合宿での差し入れ】合宿4日目を終え、本日は比較的涼しい中、練習を行うことができました。合宿を行うにあたり、多くの差し入れを頂きました! 誠にありがとうございます。合宿も後半に入り、選手たちも疲労が溜まってくる頃ですが、頂いた差し入れを励みに、精一杯練習に臨んで参ります。》(8月19日「慶應義塾体育会アメフト部UNICORNS」Twitterより)
「竹垣の外から人の手が伸びている」

 部員たちが練習に打ち込むなか、事件は起きた。

「マネジャーやスタッフら部内の女性が露天風呂に入っている際、竹垣の外から人の手が伸びているのを発見したんです。その手にはスマートフォンが持たれていた。驚いたある女性が部のコーチや監督に報告し、緊急ミーティングが開かれました」(慶應アメフト部関係者)
合宿中に出回っていた動画の“噂”

 実はその少し前から、部内ではある噂が立っていた。

「女子マネジャーらの入浴姿が映った動画を一部の部員が持っているらしいと、多くの部員のあいだで噂になっていたんです。そこへ露天風呂に “手”が侵入していたと報告があり、拡散されていた動画の存在が発覚したのです。動画を所持している部員はただちに消すようにと指示されました。現在は第三者機関を立てて、盗撮された動画が出回っていないかも調べているようです」(同前)

 実際に宿泊施設を取材すると、女子風呂内は手前にサウナや水風呂、内風呂があり、そこを抜けるとガラス戸を隔てて奥に露天風呂があった。屋外との境界には、下半分がコンクリート塀で上半分が竹垣になった壁が設置されていた。そしてその壁を隔てたすぐ隣が、水着を着れば男女問わず利用できるエリアだ。普通に利用する分には女子風呂が見えることはないが、背の高い男性が手を伸ばせば、塀の上から女子露天風呂を撮影することは可能だ。

主犯格の2人は以前から問題行動を頻発

「もちろん動画を撮影した犯人は誰なのかと問題になりました。そこで複数の部員の名前が浮上した。彼らは合宿中、複数回にわたって盗撮を繰り返していたようです。なかでも主犯格とされたのが、慶應義塾高等学校からエスカレーター式に大学に入学したAとBの2人。Aはスターターとして試合に出場するほど優秀な選手でしたが素行はよくなかった。仲のいいBと一緒になって、部で禁止されている喫煙をするなど、以前から問題行動を繰り返していました。2人は問題発覚後、すぐに退部処分になっています」(別の慶應アメフト関係者)
事件発覚から公表までの“時差”

 この卑劣な盗撮事件には解せない点がある。8月下旬の事件発覚から、10月15日の公表までの“時差”だ。

「問題発覚後、加害者らは女子マネジャーらに謝罪しました。被害者は示談に応じ、内々に済ませたそうです。そして部内で重大な犯罪行為があったにも関わらず、チームに対するお咎めはなし。アメフト部の監督らは何食わぬ顔で、立教戦、法政戦、明治戦の3試合に部員を出場させました。しかし隠ぺいしたままではさすがにまずいという声があがり、大学幹部に伝わった。それで慌てて公表することになったんです」(前出・慶應アメフト部関係者)
大学側は「慎重に調査を進めております」

 事実関係について慶應義塾大学広報部に確認したところ、文書で回答が送られてきた。

「本件につきましては、Webサイトで公表させていただいている通りです。大学としては、教育的観点および関係者のプライバシー保護の観点から、詳細をお答えいたしかねます。また本件については、慶應義塾として第三者を含む調査委員会を設置して慎重に調査を進めております。なお、学生個人の処分に関しましては、公表しておりませんのでお答えいたしかねます」

 慶應アメフト部は上位8チームからなる1部リーグに所属する強豪校だ。しかし10月17日、関東学生アメリカンフットボール連盟は臨時理事会を開き、慶應アメフト部の今シーズンの公式戦出場禁止と、来シーズンのリーグ降格を決定した。

支援 : 婦人相談所強化へ新法検討 DV・AV強要など対応 (2019.09.

日時: 2019-10-05  表示:400回

『しんぶん赤旗』2019年9月19日(木)

 厚生労働省が、自治体が設置している婦人相談所の機能を強化するため、根拠法を売春防止法(売防法)から新法に改める検討を始めたことが、18日までに明らかになりました。性暴力やドメスティックバイオレンス(DV=家庭内や恋人間の暴力)、アダルトビデオ(AV)への出演強要などによる女性の被害にも、より十分な対応ができるようにすることを目指し、来年の通常国会にも法案を提出する方針です。

 婦人相談所を含む婦人保護事業をめぐっては、先の通常国会の参院厚労委員会(6月18日)で日本共産党の倉林明子議員が、「社会の善良な風俗を乱す」女性の補導を目的とする売春防止法が根拠法であることを厳しく批判し、国連の女性差別撤廃委員会の勧告も同法は女性差別規定だと指弾していると指摘。同法の「抜本的な見直し」を強く要求するとともに、婦人相談員の体制強化や被害女性保護で先駆的役割を果たしてきた民間シェルターへの財政支援も要求していました。

 困難を抱える女性への支援を議論した厚労省の有識者検討会でも「(売春防止法が根拠では)本来の意味での女性支援は成立しない」などと見直しを求める意見が相次いでいました。

 新法では、婦人相談所が支援対象とする女性を「更生すべき存在」と位置付けているのを改め、さまざまな課題に対応しやすくする見通し。被害女性が公的な支援の存在を知らなかったり、支援を求める発想に至らなかったりするケースも想定し、住民に身近な市町村や福祉事務所、児童相談所、支援活動に携わるNPOなどと連携を強化する条文も盛り込む方向です。

支援 : 婦人相談所強化へ新法検討=AV強要、JKビジネスも対

日時: 2019-09-17  表示:415回

時事通信 2019年09月16日

 厚生労働省は、都道府県が設置している婦人相談所の機能を強化するため、根拠法を売春防止法(売防法)から新法に改める検討を始めた。アダルトビデオ(AV)への出演強要や女子高生らに接客させる「JKビジネス」といった若い女性を狙った新たな性被害などにもより十分な対応ができるようにする。早ければ来年の通常国会に法案を提出する方針だ。
 売防法は婦人相談所の設置目的について、売春を行う恐れのある女子の保護更生と定めている。これに関し、問題を抱える女性への支援を議論した厚労省の有識者検討会では「(同法が根拠では)本来の意味での女性支援は成立しない」などと見直しを求める意見が相次いだ。
 また、近年は「高収入のアルバイトがある」などとだまして誘うAV出演の強要や、JKビジネスが社会問題化。政府は2017年から毎年4月をこれらの被害防止月間として啓発活動を展開している。

ポルノ被害 : ディープフェイクポルノとは。女性を恐怖と絶望に陥れる

日時: 2019-08-21  表示:466回

ハフポスト 2019年08月21日

3月のある忙しい日、テキサス州に住む28歳のケイトさんは同僚に慌てた感じで肩を叩かれた。同僚は彼女に、ある動画を見せたいと言った。
彼のパソコンを覗き込んだケイトさんはショックを受けた。スクリーンにうつっていたのは、裸になってソファに寝そべる彼女自身だった。両足を開き、男とセックスをしていた。
ケイトさんは気分が悪くなった。何が起きたのかと集まってきた同僚たちは、動画を見て沈黙してしまった。映像はとてもリアルで、しかも女性の名前はケイトと表示されていた。
しかしケイトさんには、それが自分ではない確信があった。ポルノに出たことはないし、女性の体が自分の体とは違ったからだ。顔だけが、ケイトさんだった。これはでっち上げに違いない……とケイトさんは思った。だけど他の人は信じてくれるだろうか?
「とても恐ろしかったです」とケイトさんは動画を見た時の気持ちを、ハフポストUS版に語った。「今まで見たことがないような動画でした」。動画は今でもネット上に存在し、何万回も再生されている。
こういった動画はディープフェイクと呼ばれる。

■ディープフェイクポルノ、一般女性もターゲットに

ディープフェイクとは、AIソフトウェアを使って不正に加工した動画だ。人を動かして、本当は話していないことを、あたかも口にしたかのように見せる。ディープフェイクは、個人の動画や画像を重ね合わせたり、操作したりして、顔の仮想モデルを作る。ケイトさんの場合は、頭部をポルノ女優の頭と交換された。
「フォトショップ加工された画像は静止画なので、本物でないことがすぐにわかります」とケイトさんは話す。「しかし、(ディープフェイクは)顔が勝手に動いたり反応したりしていて、しかも自分でコントロールできない。パニックになります」
ディープフェイクポルノが作られ始めたばかりの頃、ターゲットになっていた女性は、ほとんどがテレビや映画から素材が山ほど手に入る有名人だった。
しかし、多くの人がテクノロジーを使えるようになった今、写真や動画を少しだけしかネット上で公開していない一般の女性たちも、ターゲットになっている。
ハフポストUS版は、同意なしにディープフェイクポルノに自分の顔を使われた女性たちに話を聞いた。プライバシーを守るため、名前は仮名だ。未だ闇の中に放置されているディープフェイクポルノの問題を知ってもらうために、かれらは自分たちの体験を話してくれた。
ディープフェイクが女性たちにとって脅威となっている一方で、ディープフェイクについての議論は、これまでのところ政治的なものが多い。
大統領選を翌年に控え、政治家たちは候補者たちがディープフェイクを使って勝手に何か発言させられないかとヒヤヒヤしている。
これまでアーノルド・シュワルツェネッガーやマーク・ザッカーバーグのディープフェイクが注目を集め、この技術の恐ろしさについて警鐘を鳴らしてきた。
ディープフェイクが女性の脅威となっているのに、メディアによる報道はまだほとんどなく、被害者救済も行われていない。
「こういった形で女性が性的なモノとして扱われることが、女性を脅かしています。なぜ、ディープフェイクポルノが始まったのか、そして女性をどう守らなければいけないかについての議論ができていません」と話すのは、マイアミ大学法学部教授で、オンライン上の嫌がらせ対策をする団体「サイバー・シビル・ライツ・イニシアチブ」代表のマリー・アン・フランクス氏だ。

■ディープフェイクは、ミソジニーに根差している

ディープフェイクポルノは、存在する限り女性にとって脅威となる。
「ディープフェイク」という言葉が作られたのは2017年。匿名のRedditユーザーが、「ワンダー・ウーマン」の主役を演じたガル・ガドットなどのセレブリティの顔を不正に細工したポルノ動画を、シェアしたことから始まった。
主要なポルノサイトの多くは、ディープフェイクを禁止すると明言しているにも関わらず、多くのディープフェイクポルノを載せている。
その他のプラットフォームでは、ディープフェイクポルノに対する対応はわかれる。偽情報として根絶するサイトもあれば、表現の自由として守ろうとするサイトもある。
政治家の中にはこの問題について警鐘を鳴らそうとする議員たちも現れ始めている。わずかではあるが、ディープフェイクを取り締まる法案を提案した議員もいる。しかし、実際に形になったものはない。
効果的な取り締まり方法や政策がない中、ディープフェイクポルノはインターネット上で安全な場所を確保し、繁栄を続けている。
ディープフェイクポルノを簡単に作れるアプリのほか、画像検索エンジンも存在する。検索エンジンでは、特定の個人の写真をアップロードして、顔の作りの似たポルノ女優を探せる。
また、ディープフェイクポルノの作成を取り引きするためのフォーラム(インターネット上の掲示板)もある。
発注者は、特定の女性のディープフェイクポルノを注文し、画像ソースとしてその女性のSNSのリンクをシェアする。ハフポストUS版がこのフォーラムを確認したところ、TwitchやYouTube?、Instagramのインフルエンサーたち、そして同僚や友人、元パートナーのディーブフェイクポルノを注文する書き込みがあった。
そういったフォーラムの一つで3月、ある人物が24歳のカナダ人女性ティナさんのセックス動画を注文した。その人物は作り手に、ティナさんのYouTube?チャンネルのリンクを伝えた。
それから4日後、ティナさんのセックス動画が現れた。ベッドの上で裸になってかがむティナさんの後ろから一人の男性がペニスを挿入し、別の男性がペニスを彼女の頭に打ち付けていた。動画に不自然な部分はなく、今でもネット上で何千回も再生されている。
視聴者に動画のリンクを送ってもらったティナさんは、「ショックで気が動転した」とハフポストUS版に打ち明けた。「私の顔があるべきではない場所にあるのを見るのは、本当に奇妙で気持ちが悪かったです」
プロフィールによると、動画を投稿した人物と作ったと主張する人物は、中年の男性だ。ティナさんは、どちらも知らない人物だと話す。動画を取り下げてもらうことも考えたが、すでに他のウェブサイトにもシェアされたことを考えると、取り下げても何も変わらないと思った。
「インターネットがどんなものかご存知だと思います。一度アップロードされたら、もう決して削除できない。拡散され続けるのです」

■誰にでも、起こりうる

ディープフェイクスタイルの動画は、最近までかなり高い技術を持った動画編集者しか作れなかった。
例えば、ハリウッドの映画制作者たちが、デジタル技術を使って亡くなった俳優を映画に登場させる、といったケースだ。その場合も、俳優の顔素材が大量に必要だった。
しかしテクノロジーが急速に進化し、今では誰もがディープフェイクのような動画編集技術を使えるようになった。素人であっても、わずかな写真を使って、ディーフェイクポルノを作れる。そして、女性たちが犠牲になっている。
ハフポストUS版は、自らディープフェイクポルノのクリエイターだと名乗る人物に話を聞いた。その人物は25歳のギリシア人男性で、自分の名前は明かさなかった。彼は自らを、「いくつかのフォーラムでディープフェイクポルノを最初に始めた一人」と説明する。男性曰く、彼が作成した動画はのべ30万回以上再生されている。
「ディープフェイクはフォトショップの修正やイラストと変わらない」と男性は言う。これまでセックス動画を削除するよう頼まれたことがあるか尋ねると、「削除はしない」と答えた。
女性のプライバシーは無視しているにも関わらず、男性は自分のプライバシーを守ることには熱心だった。「報酬は、ビットコインやそのほかの暗号化された通貨のみ(ペイパル、クレジットカードはプライバシー保護の観点から受け付けない)」と彼の投稿には書かれている。ネット上で彼の提示する値段は1本あたり15&#12316;40ドル(約1600&#12316;4300円)だ。
「女性は男性に『あなたとはデートしたくありません、あなたのことを知りたいとは思わないし、あなたのために服を脱ぎたくない』と言えます。しかし今、男性は『そうか、じゃあ無理やりやってもらうよ。それがリアルでできないのなら、バーチャルでね』と言えるのです」とフランクス氏は話す。「女性が自分を守るための手段は何もありません。インターネットをやめる以外には」
フランクス氏は、社会がもっとディープフェイク、特にディープフェイクポルノを問題視して、ネット上で目にするものに懐疑的な目を向けて欲しいと話す。
「もし希望と呼べるものがあるのなら、それは多くの人がディープフェイクの存在を知り、目にしているものが本物だろうかと疑うようになることです」
しかし現実は、ディープフェイクはリベンジポルノや合意しないポルノの脅威を広げている。悪意に満ちたディープフェイクの注文者や作成者たちは、自分に見向きもしなかった女性のヌードやセックス動画を必要としない。必要なのはその女性のFacebookやInstagramの写真だけだ。ディープフェイクポルノは簡単に作れるだけでなく、それが偽物であることを見破るのも難しい。
ロサンゼルスで事業経営者をするエイミーさんは、他の多くの女性たちと同じように、画像を悪用されオンライン上で嫌がらせをされた一人だ。
彼女の顔をしている女性がセックスをする画像が出回り、「売女」と罵られていた。
しかし修正が雑だったため、画像は明らかにフェイクだとわかるものだった。コメント欄には、匿名の作成者の信ぴょう性を疑問視する声も書き込まれていた。
この画像を作られるまで、エイミーさんはディープフェイクのことを知らなかった。
「画像を組み合わせるテクノロジーやスキルが向上して、合成がスムーズに見えるようになるまで、(ディープフェイク)は大きな問題ではありませんでした」
「しかしそれは、周りをだませるほど技術が進歩するまでの話です。動画だったら、本物だと信じてしまいます」と、エイミーさんは話す。
アメリカ国防省の機関である国防総省高等研究計画局(DARPA)は近年、ディープフェイクを含む改ざんされた動画を見分けるための、アルゴリズムを開発している。
大きな課題の一つは、進化し続けるディープフェイクのソフトウェアの技術についていくことだ。
「ツールを利用して動画がどんどん洗練されていくのにあわせて、我々も技術も洗練し続けなければいけません」と、DARPAの研究者であり、パデュー大学で映像や画像処理の専門研究に携わるエドワード・デルプ氏は話す。「激しい競争になっています」

■被害者に、選択肢はない

ロサンゼルスに住む29歳のマヤさんは、ハフポストUSが連絡を取るまで、自分のディープフェイクポルノが存在することに気がつかなかった。
動画を知って、彼女は愕然としていた。動画には、マヤさんの名前を名乗る女性が、マスターベーションしている姿がうつっていた。
しかしマヤさんにとって、動画は青天の霹靂ではなかった。最近、見知らぬ人からセックスをしたいというメールを受け取っていたからだ。
「こんな方法で、自分のプライバシーが侵されるのはなんとも言えない気持ちです」とマヤさんはハフポストUS版に話す。「誰かに性的な対象として見られていると思うと、自分が望まない注目を浴びていて人として敬意を払われいない、それに安全ではないという気持ちになります」
さらに嘆かわしいのは、マヤさんやその他の被害者女性に、動画に対処する手段がほとんどないことだ。
まず、訴訟には莫大なお金がかかる。さらに、ハラスメントやなりすまし、名誉毀損、画像の不正流用で裁判を起こすためには、訴える相手が誰かわからないといけない。他のディープフェイクポルノ同様、マヤさんは誰が動画を作って、投稿したのかを知るすべがない。
そして 巨大ソーシャルメディアやディープフェイクポルノのフォーラムを含むオンラインの仲介媒体は、『通信品位法』230条のおかげで、第三者のコンテンツの責任から守られているため、動画を載せているサイトを訴えても無駄だ。
230条によると、プラットフォームはユーザーが投稿したものに対して法的な責任を追わず、削除の責任も追わない。つまり、コンテンツをオンライン上から取り除こうとしてもほとんど、効果がない。
「残念なことに、被害者にはほとんど選択肢がないのです」と、性プライバシーを専門にする弁護士、キャリー・ゴールドバーグ氏は話す。
ディープフェイクのウェブサイトは、「人々の屈辱をお金にするために存在する」とゴールドバーグ氏は話す。「自分たちは責任から免除されていると傲慢に主張するウェブサイトを見れば、230条には問題があることがわかるはずです」
悪意のあるディープフェイクポルノは、一般的に匿名で投稿され、拡散するよう作られている。そのため、メリーランド大学で法律学を教えるダニエル・シトロン氏のように被害者の救済を訴える弁護士たちは、ディープフェイクポルノを作った人だけではなく流通させた人も処罰する法律を作るよう議員たちに求めている。
現在、シトロン氏とフランクス氏は、偽動画を故意に流し拡散させたプラットフォームに責任を課せるようにする連邦法の法案を作っている。
「もし、なりすましや改ざんがあったことがわかった場合、プラットフォームはそれを削除すべきです」とシトロン氏は、ディープフェイクの問題について話し合う最初の議会公聴会で語った。現時点では、動画の投稿を防ぐ方法はないため、プラットフォームは警告された時点ですぐに動画を削除すべきだ、と彼女は訴える。
一方、言論の自由の支持者たちは、一定のコンテンツを制限することはオンライン上での表現に広く影響する可能性があり、十分に注意しなければいけないと主張する。
しかしフランクス氏は、野放図になっているディープフェイクポルノが、女性たちの言論の自由を阻害していると指摘する。
「ディープフェイクポルノは、女性の言論の自由に恐ろしい影響を与えています。なぜなら、自分の安全を守るために女性たちは自分自身を検閲しなければいけないからです」

■女性は沈黙を強いられている

フランクス氏が説明する“検閲”を、ラナ・アユーブさんは実身をもって経験している。
2018年の春、彼女はインドで偽情報を流された。
それはアユーブさんが、若い女性へのレイプに対する政党対応を、公に非難した翌日に始まった。
突然、アユーブさんのツイートだという中傷的なツイートのスクリーンショットが、ネット上で広まった。そして、彼女の顔をした女性が出ているディープフェイクポルノが、ソーシャルメディア上であっという間に広がった。動画にはアユーブさんの名前と電話番号も書かれていた。
ディープフェイクポルノは何十万回も再生され、アユーブさんにはセックスしようという電話やメッセージが次々に送られてきた。
「本当に酷かった」と彼女はハフポストUK版に話す。「国中の人が、私の顔をしたポルノ動画を見ているのに、私は何もできなかったんです」
後から動画は偽物だと言うことが明らかになったが、完全に立ち直ることはできない、とアユーブさんは話す。汚名を消すことはできない上、これ以上ソーシャルメディアで注目をひくのは怖いと彼女は話す。
「以前は、私は自分の意見をはっきりと言っていました。しかし今では、何を投稿するかについて、慎重になりました。自分で自分を検閲せざるを得なくなったのです。『また同じことをされたらどうしよう』と考えるようになりました」
同僚にディープフェイクポルノの存在を教えてもらったテキサス州に住むケイトさんも、前に進むことに苦しんでいる。
弁護士に相談すると、動画を作った人と投稿した人がわからないため、訴訟をして闘うのは難しいと言われた。
法律的に解決する手段がなく、ケイトさんは動画が投稿されていたディープフェイクのフォーラムに削除を依頼した。しかしサイトのオーナーは、彼女の動画だけが掲載されているわけではないと返信し、その後連絡は途切れた。
問題を解決する手段がなく、ケイトさんは絶望している。
「動画が、現在も掲載されていて、それに何もできることがないというのは、おぞましいことです」
「こういった動画は、恐ろしいほど生々しく、『それは私ではありません!』と叫びたくなります。だけどそうすればそうするほど、注意を集めてしまうのです」
アユーブさんと同じように、ケイトさんも自分のコンテンツが悪用されて彼女を攻撃する材料になるのを避けるため、オンラインへの投稿を制限している。ディープフェイクポルノが放置されている状態を、ケイトさんは疑問視する。
「ディープフェイクやリベンジポルノ、その類のものは全て、女性を黙らせようとするためのものです」
「そういった動画がどんどん増えリアルになるのにあわせて、私たちはSNSを投稿する代償として、ディープフェイクポルノの標的にされることを受け入れなければいけないのでしょうか?」

ポルノ被害 : 「もう消せないの?」 身に覚えのない「無修正」が流出…

日時: 2019-08-13  表示:541回

弁護士ドットニュース 2019年08月13日 09時18分

かつてAV女優として活動していた女性が、引退から10年以上も経って、思いがけない苦しみを味わっている。いわゆる「無修正作品」に出演した覚えは一切ないのにもかかわらず、ある動画サイトで勝手に配信されているというのだ。モザイク処理がされる前のテープなどが流出したものと見られる。引退して、新しい人生をおくっていた彼女は現在、動画サイトに対して、作品の配信停止をもとめているが、応じてもらえていない。

●「毎月、何人も新しい女の子が出てくるから、大丈夫だよ」

女性がデビューしたのは、もう15年以上前のこと。当時は、まだそれほどインターネットが普及しておらず、動画サイトでなく、レンタルビデオ店でAVを借りて、視聴する人が多かった時代だ。

きっかけは、知り合いの知り合いくらいの距離感にある人から「稼げるよ」「自分の価値がわかるよ」と誘われたことだった。初めて事務所を訪れた際、次のようなことを言われたと記憶しているという。

「毎月、何人も新しい女の子が出てくるから、大丈夫だよ」

もちろん裸になることに抵抗がなかったわけではない。しかし、写真をきれいに撮ってもらったり、有名女優たちと一緒に宣伝ができたりする、という話が決め手となった。「そのあとは、本当に大事に扱ってくれましたよ。嫌なことはされなかったです」(女性)

撮影ペースは、多くて月1本くらい。数年間で、3つの事務所を渡り歩いて、複数の女優名を名乗り、少なくとも10本以上の作品に出演した。そして、引退した。「若い子もいっぱい出てきていたので、引き止められたり、脅されたりすることもありませんでした」(女性)

●「これ、似ているけど、ちがう?」

女性の引退前後は、インターネットが急速に普及していた時期だ。わざわざ、レンタルビデオ店まで出かけなくても、誰でもすぐにアクセスできる動画サイトの利用がうなぎのぼりに増えていた。

「これ、似ているけど、ちがう?」

引退からしばらく経ったある日、友人にこう尋ねられることがあった。AV女優だったことを打ち明けていなかった。

「そのときまで、作品も、パッケージも見たことなかったんです。見たら、現実になるというか・・・怖くて、調べることもしていませんでした」「そんなに簡単に見つかるとは思っていませんでした。今となっては(出演したことを)後悔しています」(女性)

それから数年後、結婚して、現在はまったく別の人生をおくっている。それでも、過去がつきまとう。

「(AV女優だったことは)ずっと、心のはじっこにありました。かなり容貌が変わったので、私だとわからないと思いますが、何かのきっかけで、バレてしまうんじゃないかと不安です」(女性)
●「だまされたと思いました」

そんな悩みを抱えていたところ、AV人権倫理機構が2018年2月、過去のAV作品の販売・配信停止の手続きを受け付けると発表した。

このニュースを知ったあと、大手サイトで販売・配信されている出演作品について停止をもとめると、すぐに応じてもらえた。また、違法・有害情報センターのアドバイスも受けながら、違法アップロードされた動画・画像を少しずつ削除していった。

一つ一つは簡単で、短時間のものだが、膨大な量があるので、気持ちを鼓舞しながら、こうした作業に取り組んでいたという。

ところが、ことが順調にすすんでいるように思えた矢先、海外にサーバがある無修正動画サイト「カリビアンコム」で、身に覚えない無修正作品が配信されていることを知ったのだ。しかも、現役時代に名乗ったことのある女優名でなかった。

「わたしの知らない名前でした。いったい誰がこんなことをしたんだろうと、びっくりしました。(昔の)人間関係を切っていたので、この感情を誰にぶつけたらいいのかもわかりません。だまされたと思いました」(女性)

事務所やメーカーはすでに倒産していたり、連絡先がわからくなっていたりするという。そのため、どこから流出したのか、まったくわからないそうだ。
●「もう消せないのでしょうか」

カリビアンコムに削除するようメールで連絡すると、サインの入った英文の契約書と身分証明書のコピーが送られてきた。あわせて、「あなたには、削除をもとめる権限はない」という言葉が添えられていた。

だが、英文の契約書にサインした記憶はまったくない。女性は「『無修正』の出演を承諾したことは絶対にありません」と明言する。警察に対応をもとめたが、カリビアンコム側は応じておらず、現在までに「無修正」の削除はすすんでいない。

女性の代理人をつとめる伊藤和子弁護士は「無修正出演は、刑事事件のリスクもあるので、(彼女が)絶対に承諾するはずがありません。それなのに勝手に配信されています。政府も対策をとっており、総務省・警察もよく協力してくれていますが、まだまだその手段は不十分です」と指摘する。

こうした状況に巻き込まれても、女性はあきらめずに、すべての動画・画像の削除に向けて、できる限りの手段をとっていくという。取材の最後に次のような言葉を語っていた。

「昔、良いと思って出演しても、あとから消したいということは、普通にあるはずです。まして、無修正が勝手に流出していたら・・・犯罪行為をしたわけではないのに、名前を検索するとまだ出てくる状況です。もう消せないのでしょうか。こういう思いをしている女の子は他にもいるんじゃないでしょうか」(女性)

国際 : 好みは「経済的に恵まれない少女」、アドレス帳に100人以

日時: 2019-08-12  表示:544回

AFP 2019年8月11日 13:45 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]

【8月11日 AFP】多数の未成年の少女を性的目的で人身取引したとして起訴された米富豪のジェフリー・エプスタイン(Jeffrey Epstein)被告がニューヨークの勾留施設で死亡する1か月前、若いスカウト部隊が高校生と大学生を集め、エプスタイン被告の飽くなき性欲を満たすことを強要する大掛かりなネットワークの存在が起訴状で明らかになっていた。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は2002年、当時親交のあったエプスタイン被告について、「彼は美しい女性が好きだ。その多くは若い方だ」と述べていた。

 エプスタイン被告が好んだ女性は「若い方」どころではなく、実は未成年の10代の少女だったとされる。

 ニューヨーク・ブルックリン(Brooklyn)地区出身のエプスタイン被告は当時、トランプ氏やビル・クリントン(Bill Clinton)元大統領といったセレブと親交がある優秀なヘッジファンド経営者で、非の打ちどころがない人物とみなされていた。

 しかし米当局の捜査と被害者とされる人々が起こした多数の訴訟で、フロリダ州パームビーチ(Palm Beach)とニューヨークにあるエプスタイン被告の邸宅には、後ろめたい秘密があることが分かった。

 訴えによると、エプスタイン被告の「マッサージ室」には、数十人の少女が出入りしていたとされる。中には14歳の少女もいた。わいせつな写真とアダルトグッズで飾られたマッサージ室への少女の出入りは、1日に複数回に及ぶこともあった。

 元数学教師から投資銀行家に転じたエプスタイン被告は、少女にスムーズに近づけるよう年齢の近い者で構成されたスカウト部隊も保有しており、自身を慈善活動家と紹介させていた。

 ニューヨークのエプスタイン被告宅近くの学校に通っていたジェニファー・アラオス(Jennifer Araoz)さん(32)は14歳の時、校門前でそうしたスカウトの一人に「彼が助けてくれた」と声を掛けられたという。

 アラオスさんはNBCニュース(NBC News)にスカウトについて、「彼女は私に似ていた」と語った。スカウトはアラオスさんに対し、エプスタイン被告が芸能界での仕事を見つけるのを支援してくれると告げたという。

 ジェフリー・バーマン(Geoffrey Berman)連邦地方検事によると、エプスタイン被告は、「経済的に恵まれない未成年の少女」を好んだという。

■「小さな黒いアドレス帳」

 米紙マイアミ・ヘラルド(Miami Herald)によると、エプスタイン被告の「小さな黒いアドレス帳」には、仏パリをはじめとする自宅を構える地域に住む100人以上の少女の名前が記されていた。

 多数の報告によると、家政婦と秘書、スカウト部隊が、密会の予約や交通手段――プライベートジェットを使うこともあった――支払いを細心の注意を払って追跡していた。支払いは大抵の場合、1訪問当たり200〜300ドル(約2万1000〜3万2000円)だった。

 マッサージのセッションは全裸で行われ、ほぼ意図的な性的接触も含まれていた。

 多数の女性がエプスタイン被告による性的接触を拒否しようとしたが、駄目だったと語っている。

 アラオスさんはマッサージのために訪問した時、エプスタイン被告にレイプされたと主張。その時のことを、「怖かった。彼にやめてと言った」「(なのに)彼はやめてくれなかった」と回想している。

 被害を受けたと主張しているバージニア・ロバーツ(Virginia Roberts)さんも、「エプスタイン被告から逃げたら、殺されたり拉致されたりする恐れがあった。彼にはそうしたことができると常々思っていた」「すごく怖かった」と証言している。

 ロバーツさんをはじめとする被害者は、エプスタイン被告が友人や知人に10代の少女たちを提供していたと明かしている。ロバーツさんは、「エプスタイン被告は特別に話してやると言って、友人や知人に自分への『借り』をつくらせ、『完全に支配下』に置くためにそうしていると語っていた」と語った。

 トランプ氏とクリントン元大統領はいずれも、少女たちと不適切な接触は一切持っていないと主張。クリントン氏はこうした「恐ろしい犯罪」について何も知らなかったと話している。

 エプスタイン被告は2008年、売春の勧誘をしたとしてフロリダ州の裁判所で有罪を認め、約1年間刑に服した。死亡時は、性的目的の人身取引をめぐる連邦裁判所での公判を待っていた。(c)AFP/Thomas URBAIN

最新 >> 6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより