ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 380   381   382   383   384   385   386   387   388   389   >>  最初

売買春 : 出会い系で売春相手探す=24歳女を書類送検?警視庁(2008.1.3

日時: 2008-01-31  表示:6185回

2008年1月30日12時1分配信 時事通信

 出会い系サイトで売春相手を探す書き込みをしたとして、警視庁池袋署は30日、売春防止法違反容疑で、東京都豊島区の風俗店店員の女(24)を書類送検した。
 出会い系サイトへの売春を誘った書き込みでの摘発は警視庁で初めてという。
 女は「違法とは分かっていたが、早くもうけたかった」と述べ、容疑を認めている。
 調べによると、女は昨年12月18日、自宅から携帯電話を使い、出会い系サイトの掲示板に「今から会える人で2.5?3(万円)ぐらいでサポ(援助)くれる人を探しています」と書き込み、売春相手を探す広告を出した疑い。
 女は昨年7月ごろから書き込みを始め、約30人の客を相手にして約100万円を得たという。 

国際 : <続報>盗撮された熱愛カップル、地下鉄会社を告訴も―

日時: 2008-01-31  表示:6119回

2008年1月22日20時27分配信 Record China

 21日、熱愛中の男女の姿が地下鉄駅構内の監視カメラで盗撮され、ネット上に無断配信された事件で、被害者のカップルは、地下鉄会社の対応によっては名誉毀損で告訴する構えだ。写真は上海の地下鉄。
 2008年1月21日、題名は「上海地下鉄3号線友誼路駅改札口でキスしてさよなら」―地下鉄駅構内の監視カメラで盗撮したと思われる映像が共有サイトに流出。大きな話題となったが、盗撮された熱愛カップルが上海市の地元紙「東方早報」の取材に応じた。

 一躍「時の人」となったのは王さん(男性)と夏さん(女性)。問題の映像は画面左下の数字通り、07年の9月2日に駅構内で撮影されたものに間違いないと話す。2人は付き合って半年以上になる。自分たちの姿が共有サイトに流出していると知ったのは、友人からの通報だという。王さんは盗撮されたこと自体腹が立つが、映像に監視員たちの卑猥な実況中継が加えられているのはもっと許せないと憤っている。【 その他の写真 】

 彼らのラブシーンをすでに10万人以上が見ており、ネット上には2人を誹謗中傷する書き込みも多い。王さんも夏さんも精神的に参っており、王さんはこの事件が原因で仕事をやめたばかりだという。現在の心境について質問すると、2人は監視員たちの雇用主である上海地下鉄会社が正式に謝罪することを望んでいるが、同社の対応によっては名誉毀損で告訴するつもりであると答えた。(翻訳・編集/本郷智子)

製作被害 : 過激な写真サイトはどうにもならないのか?(2008.1.28)

日時: 2008-01-31  表示:7283回

2008年1月28日17時20分配信 ツカサネット新聞

1月23日夜、あるニュースが宮崎を駆け巡った。
2007年9月上旬、宮崎県庁本館前で全裸になった女性を写真撮影、公然わいせつ容疑で男女3名が逮捕された。この1月23日は東国原県政が1年目を迎えた日で、翌日のニュースでは知事よりもこちらのほうが注目を集めてしまった。

逮捕のきっかけは、逮捕された3人が開設しているインターネットのホームページで裸の写真を見た県外の人が匿名で通報したことによる。彼らのホームページやブログでは、次に全裸になる場所を予告し公開していたということで、宮崎県警が捜査をしていた。

いつものように2ちゃんねるや逮捕された1人のブログは多数の書き込みで炎上していたが、彼らのホームグランドであるホームページには、意外と「応援します」といった書き込みが目立った。

「何で通報するのだろうか。好きな人の楽しみを奪うのは許せない」といった書き込みが気になった。

今回問題となったのは、問題の写真が掲載されたインターネットのホームページやブログではない。これらの写真を撮影した場所が問題となっているのである。宮崎県内の観光地や、宮崎県新富町の航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地や繁華街などでも、堂々と実行していたようだ。

写真から場所が特定されている以上、これは「公然わいせつ」と思われても当然ではないだろうか。

写真を見る

デジタルカメラの普及で、誰もが手軽に写真をインターネットで公開できるようになった。
仕事柄、毎晩のようにサイバーパトロールを行っている。夫婦でサイトを開設し、その夫婦が撮影した野外露出の画像などを公開しているサイトも見かける。場所が特定されないように、写真を加工してある。なかには過激な写真もある。
そのようなサイトの掲示板では、「公然わいせつではない」とか「警察権力に立ち向かう」などといった書き込みに出会うことがある。

インターネットは不特定多数の人が利用し、無数に開設されているホームページやブログにもまた、いろいろな人が訪れる。そのなかにこのような過激な写真サイトもあるのだ。

自分ひとりで楽しむために開設したプライベートなサイトならまだしも、自分と同じ趣味を持っていようが持っていまいが、不特定多数の目にさらされるようなところに開設していることに問題はある。

自分の趣味であれば、きちんと事前に撮影許可をとり、もっと芸術性のある写真を撮影するだろうが、県庁本館前での撮影の許可は、まずは下りないだろう。

今回は開設されているサイトではなく、写真を撮影した場所が「公然わいせつ」にあたるおそれがあるとして逮捕されたわけだが、インターネット上には、数多くの似たようなサイトがある。

子どもへの悪影響を考え、フィルタリングなどの対策が必要だろうが、このようなサイトはどうにもならないのだろうか。

(記者:冴羽涼)

ポルノ被害 : <ネット>「利用に不安」45%も 内閣府調査(2008.1.26

日時: 2008-01-31  表示:6387回

2008年1月26日22時49分配信 毎日新聞

 内閣府は26日、「インターネット上の安全確保に関する世論調査」結果を発表した。ネットの利用に「不安がある」との回答は45.4%で、「不安****(36.3%)や「分か****(18.3%)を上回った。

 調査は20歳以上の男女計5000人を対象に昨年11月、面接方式で実施。3006人から回答を得た。

 不安を持つのは40代が55%と最も高く、30代と50代でも5割を超えた。ただ、年代が高くなるにつれ自分でネットを利用する頻度は低くなることから、内閣府政府広報室は「この年代には、出会い系サイトなどを子供が利用する不安感も含まれているのではないか」と分析している。

 不安の内容を複数回答で尋ねたところ、「コンピューターウイルス感染による個人情報流出」66.5%▽「暗証番号などを無断で利用される不正アクセス」52.1%▽「料金の架空・不当請求」50.5%??の順だった。

 警察の取り締まりを望むネット上の犯罪(複数回答)については、「児童が性的犯罪にあう犯罪」64.5%▽「わいせつ画像の公開」56・4%▽「殺人や爆破などの予告」53.3%??などが目立った。【石川貴教】

最終更新:1月26日22時49分

製作被害 : わいせつDVD3万3000枚=経営者ら4人逮捕?警視庁で2番目押収量

日時: 2008-01-26  表示:7525回

2008年1月24日13時1分配信 時事通信

 販売目的でわいせつDVDを所持していたとして、警視庁練馬署は24日までに、わいせつ図画販売目的所持の現行犯で、東京都渋谷区道玄坂のビデオ販売店「MOON(ムーン)」経営****容疑者(30)=住所不定=ら4人を逮捕した。
 押収されたDVDは約3万3000枚で、1店舗の押収量としては警視庁では過去2番目。同容疑者は容疑を認め、「需要が多いため、短期間でもうけようと思った」と供述している。
 調べによると、**容疑者らは6日、雑居ビルにある同店内で、わいせつDVD37枚を所持し、同区内のマンション一室に約3万3000枚を保管していた。
 同店は昨年9月から営業を始め、4カ月間で約2万6000枚を販売し、約2000万円を売り上げた。一日平均20人近い客が入り、多い時は50人程度いたという。

セクハラ : 東西私学トップのセクハラ、「ワンマンぶり」相次ぐ証言

日時: 2008-01-26  表示:6110回

2008年1月25日14時52分配信 読売新聞

 東京福祉大の総長、****容疑者(60)が学園職員への強制わいせつ容疑で警視庁に逮捕された。福岡県では、第一薬科大などを経営する都築総合学園の前総長、****被告(71)が同容疑で再々逮捕されている。

 私学トップに続いた不名誉な事件。周辺からは、「ワンマン経営ぶり」をうかがわせる証言が相次いでいる。

 東京・池袋の「サンシャイン60」近くに東京福祉大のビルはある。**容疑者逮捕の21日、記者会見した幹部職員は、総長の辞意だけを伝え、記者の質問に対しては「これ(辞意)だけを言っておいてくれと、総長に言われています」。

*** **容疑者は1968年、アパートの一室でサークル「英会話を楽しむ会」を開いた。まだ21歳の時だ。78年に東京に「外語学校」を開く。米国留学などを経て、2000年に同大を開設。以後、約1100人の卒業生を送り出してきた。

 同大は群馬県伊勢崎市や名古屋市にも校舎がある。池袋の校舎には、学士帽姿の**容疑者がほほえむ写真が複数掲げられ、校歌には、「中島恒雄 理念に満ちて」という一節もある。

*** **容疑者には福祉や教育の著作が複数あり、教科書としても使われているが、学生によると、総長の自伝を半年かけてクラス全員で読み、人柄や業績をリポートにする授業もあった。

 学生の一人は、教員が授業中に**容疑者から厳しく叱責(しっせき)されて泣き出す場面を見た。「自分の力を見せつけているようだった」と話す。
 また、職****容疑者の誕生パーティーに参加を求められ、部署ごとに贈り物をしていたという。

*** **容疑者は容疑を強く否認しているが、「セクハラ」の指摘は以前からあった。学園施設のプー****容疑者に「水着になれ」と言われ、渋々着替えた女性職員がいた。この女性は別の幹部から「なぜ快く着替えなかったのか。総長の機嫌が悪くなる」となじられたという。

 警視庁は、複数の女性職員から被害の訴えがあるため、余罪を追及する方針。

 都築総合学園は大学や高校、幼稚園、専門学校など全国で45校を傘下に置く。

 グループ各校では、**被告が来校すると、玄関に赤じゅうたんを敷き、職員全員が直立不動で迎えることもあった。

*** **被告は昨年11月以降、3件の強制わいせつ容疑で逮捕(うち2件は起訴済み)された。最初の事件では、福岡県太宰府市の大学で、見送りに立っていた20歳代の女性職員を強引にエレベーター内に引き込み、胸を触るなどしたという。

ポルノ被害 : 東国原知事激怒!宮崎県庁前で全裸撮影(2008.1.25)

日時: 2008-01-26  表示:6583回

2008年1月25日8時1分配信 スポーツ報知

 宮崎県の東国原****(50)が“県庁露出プレー”に24日、怒りを爆発させた。県庁の前庭で全裸になり写真に撮って公然わいせつの疑いで男女3人が23日に逮捕されたことに「本当にけしからん」と珍しく語気を強めた知事。県庁舎は知事の人気を背景に宮崎の新観光スポットにもなった場所で、これまで1年間で29万人以上が訪れている。あきれ顔の東国原知事は、今後の警備態勢の見直しを示唆した。

 県庁の真ん前で全裸撮影。芸能人時代には、数々のむちゃな仕事をこなしてきた東国原知事も予想だにできなかった暴挙だ。「本当にけしからんですね。(宮崎)ブームに水を差すし…足を引っ張るようなことはしてほしくない」とため息交じりにこぼした。

 宮崎北署によると、逮捕されたのは県庁近くで飲食店を経営する****(42)と従業員の高橋中実(みつみ、36)、****(24)の3容疑者。昨年9月、県庁の前****容疑者がカメラマンとなり、全裸の女性2人を撮影し、写真をホームページで公開。「楽しむためにやった」と容疑を認めているという。

 3人が作成したホームページ(HP)は、いわゆる露出マニア向けのもの。3人それぞれがブログも持ち、日々の成果を報告していた。昨年10月10日にはHP開設から3年目を迎え、サイトの訪問者と実際に会う「オフ会」も開催。「突発イベントHardCore華激!」とイベント名をつけ、マニアに全裸写真を撮影させたとの記述もある。

 HPにはほかにも、県庁玄関にある知事のパネルと浴衣姿でのツーショット、自衛隊の基地、海でのショットなど全裸写真が盛りだくさん。九州地区を中心に回り、日記には出没場所も予告。交通費、宿泊費など30?50万を負担した上で「招待されれば行きます」という書き込みもある。

 さらに容疑者の日記には大胆にもこんなコメントもあった。「宮崎を盛り上げようという気持ちは、東国原知事と同じです。いや、知事就任の一年以上前から私達は実践している自負があります!(略)。誠心誠意『おもてなし』の精神で接待いたします!」

 迷惑千万な「どげんかせんといかん」精神に東国原知事も完全にアタマにきたようで「それは間違った考え方です」と一喝した。

 宮崎県庁は知事人気を反映して人気スポットになり、昨年1年間で29万人以上の観光客が訪れている。問題の写真の撮影現場は、観光客と東国原知事が一緒に写真を撮る場所でもあった。県庁によると、県民から苦情は今のところないというが、知事は警備態勢の見直しを示唆。写真をみたかについては「見ていません」と答えていた

最終更新:1月25日8時1分
スポーツ報知

ポルノ被害 : 「いじり」と称し裸に=応援リーダー部員、自殺学生らに?

日時: 2008-01-26  表示:6528回

2008年1月25日20時1分配信 時事通信

 明治大(東京都千代田区)の応援団リーダー部員だった理工学部3年の男子学生が自殺した問題で、納谷広美学長が25日、記者会見し、男子学生に対する暴行などがあったとする調査報告を公表、同日付で同部を解散したと正式発表した。
 納谷学長は冒頭で「一命が失われる大変な事態を招いた」と謝罪。関係した学生の処分について検討していることを明らかにした。
 調査委員会の報告によると、リーダー部10人とOB3人らは2006年9月、「いじり」と称して男子学生ら3人の下半身を裸にし、ビデオ撮影した。このほか、同級生がミスした際などに男子学生らに対しても強く叱責(しっせき)したり、殴ったりした。雑草をかじらせるなどの行為も慣例的に行われていたという。 

ポルノ被害 : 明大元応援団員自殺 リーダー部解散を決定(2008.1.25)

日時: 2008-01-26  表示:6625回

2008年1月25日13時32分配信 産経新聞

 明治大学(東京都千代田区)の応援団リーダー部に所属していた理工学部3年の男子学生(21)が昨年7月に自殺した問題で、大学側は部の解散を決定した。25日午後に記者会見して正式に発表する。自殺発覚後、リーダー部は活動を休止していたが、大正11年創設の伝統が途絶える事態に発展した。
 大学側は調査委員会を設置して自殺の原因を調査してきたが、昨年12月には「社会通念上許されない行為や暴力を伴う指導があった」と認め、「(部の)体質に問題があると考えており、解散を含めて厳正に対処する」との考えを示していた。
 男子学生の自殺をめぐっては、複数の元幹部が、男子学生の下半身を裸にし、バケツに入れた熱湯と冷水に局部を交互につけさせる様子をビデオで撮影していたことが発覚。男子学生の自殺後に部室からビデオが見つかっていた。
 明大応援団は、リーダー部とバトン・チアリーディング部、吹奏楽部の3部で構成され、東京6大学野球やラグビーの関東大学対抗戦など体育会活動の応援をしている。

DV : DV防止法:反対団体の抗議で講演会中止 つくばみらい

日時: 2008-01-25  表示:5874回

毎日新聞 2008年1月18日

 配偶者や恋人などによる暴力「ドメスティックバイオレンス(DV)」をテーマにした講演会を20日に予定していた茨城県つくばみらい市が、被害者保護などを定めたDV防止法に批判的な市民団体などの抗議を受け、開催を断念していたことが分かった。

 講演会は市内の公民館を会場に、内閣府の専門調査会委員でDV被害者支援に取り組む平川和子・東京フェミニストセラピィセンター所長を講師に招いて開く予定だった。

 市によると、07年12月下旬にPRを始めたところ1月に入り「偏向した講演会を市費で行わないで下さい」などと記した要請書やメールが届くようになり、約100通に達した。16日朝には、市役所前で数人が拡声器を使って抗議する騒ぎが起き、市は「開催しても混乱を招き、参加者に迷惑をかける」と判断して、中止を決めた。

 開催に反対した市民側は「被害者のシェルターへの保護は家族を破壊する」などとDV防止法を批判しているが、平川さんは「DVの実態を伝えたかったので残念だ」と語った。【五味香織】

最新 >> 380   381   382   383   384   385   386   387   388   389   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより