ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   >>  最初

国際 : 児童性犯罪の半数以上が知人から、ほとんどが執行猶予の

日時: 2012-12-06  表示:3650回

サーチナ 12月6日(木)11時36分配信

 韓国の女性家族部は5日、「2011年の児童・青少年対象の性犯罪、個人情報登録対象者」を公開した。調査の結果、性犯罪全体の被害者の51.7%が「知っている人」から被害を受けていたことが明らかになった。複数の韓国メディアが報じた。

   韓国メディアは、「恐ろしい隣のおじさん、児童性犯罪のほとんどが“知っている人”」「児童性犯罪者の半数以上が、被害者の“知る人”」「児童性犯罪に軽い処罰、10人のうち5人は執行猶予」などの見出しで伝えた。

 今回の調査対象は、児童青少年への性犯罪者の有罪判決を受けた1682人。調査結果によると、性犯罪全体の被害者の51.7%が「知っている人」から被害を受けており、前年の46.8%から4.9%ポイント高まった。

 また、性犯罪の49.6%は「性犯罪者が居住する地域」で行われたことが分かった。犯罪の内容は57.2%が「強制わいせつ」、「女性暴行」が36.2%、「性売買・あっ旋」が5.7%だった。

 一方、半数以上の性犯罪者が裁判所の最終審で執行猶予を受けていたことも明らかとなった。懲役刑は38.1%にすぎず、児童・青少年性犯罪者に対する軽い処罰も再確認され、強力な処罰を要求する社会的期待に応えていないとの見方を示した。(編集担当:李信恵・山口幸治)

国際 : 韓国人男性の49%が買春経験…多くが「必要悪」と認識=

日時: 2012-12-06  表示:3689回

サーチナ 12月4日(火)15時16分配信

 韓国女性家族省が発表した「2010年買春実態調査報告書」によると、調査対象の韓国人男性1000人のうち、お金を払って性交渉をしたことがあると答えた人は49%に達した。複数の韓国メディアが報じた。

 同省の依頼を受け、ソウル大学が韓国人男性の買春規模を調査・分析し、体系化した。

 報告書では、2010年の1年間で買春をした男性は全体の4割にあたる37.9%となり、1年間の平均買春回数は2.6回に上ることを明らかにした。交友関係に買春をする友達や同僚がいる場合は、頻度がさらに3.7倍も高くなった。

 また、買春で使う年間の個人支出額は、平均31万3000ウォン(約2万3000円)で、全体では1兆2907億ウォン(約980億円)に上った。しかし、売春宿など買春供給側の推算額は6兆6267億ウォン(約5020億円)とされ、この誤差は韓国社会の接待文化が生み出しているとみられている。

 京畿大学のイ・スジョン犯罪心理学教授は、韓国メディアの取材に対し、「買春はビジネス用と感じている一部の誤った認識を持つ男性により、法律違反である買春が“必要悪”という言葉で正当化されている」と指摘。韓国の中央大学イ・ナヨン社会学教授も、「若い男性が、苦労して就職した先で買春を容認する社会構造を個人的に拒否することは難しい」と話した。(編集担当:新川悠)

国際 : 35%の女性が地下鉄で痴漢などの被害=香港 (2012.11.27)

日時: 2012-11-28  表示:3777回

サーチナ 11月27日(火)9時8分配信

 「関注香港女性暴力協会(女性への暴力に注目することを呼びかける協会)」の最新調査によれば、35%以上の香港人女性が地下鉄で盗撮を含め、痴漢などの性的被害を受けた経験があることが判明した。中国国際放送局が報じた。

 一方で、被害を他人に知られることを恐れ、駅員などに通報した被害者はいなかった。調査チームは香港の78カ所の駅で調査を行ったところ、一部の駅では設計が不十分で、盗撮などが発生しやすい構造だった。

 協会は、女性387人と男性100人あまりを対象に調査を行い、139人の女性が電車で盗撮や痴漢にあった経験があったものの自ら通報した被害者はいなかったという。(編集担当:村山健二)

国際 : (朝鮮日報日本語版) 別れ話持ち出した女性を28回刺し殺害、

日時: 2012-11-19  表示:3658回

朝鮮日報日本語版 11月17日(土)10時47分配信

 別れ話を持ち出した女性を、自分の車の中で刃物を用い28回刺して殺害した後、遺体を旅行用かばんに入れ、自宅マンションの倉庫に隠した20代の男が警察に検挙された。隣人たちは「平凡で優しそうな感じの男性で、凶悪犯罪を犯すようには見えなかった」と話した。

 ソウル銅雀警察署は16日、別れ話を持ち出した女性を殺害し、死体を隠したとして、会社員A容疑者(29)に対する逮捕状を請求した、と発表した。警察によると、A容疑者は今月11日午後11時ごろ、カカオトーク(スマートフォン〈多機能携帯電話端末〉向けメッセンジャーアプリ)を通じて知り合い、7カ月間交際してきた会社員Bさん(24)から「別れよう」という内容のメッセージを受け取った。A容疑者は犯行当日の12日午後4時ごろ、勤務先の会社を出て、果物ナイフと包丁を4本ずつ購入した。警察の調べに対しA容疑者は「スーツ姿の男が包丁を1本だけ買ったら怪しまれると思い、数本買った」と供述した。この日午後7時30分ごろ、A容疑者は退勤したBさんを自分の車に乗せた後、果物ナイフを取り出して自分の心臓に向け「なぜ別れるのか、理由を教えてくれなければ、この場で死ぬ」と脅した。だが、Bさんが別れる理由を言わなかったため、A容疑者は突然態度を変え、Bさんの胸や肩、首、腰などを28回刺して殺害した。その後、京畿道高陽市の自宅マンションに向かったA容疑者は、駐車場に車を止め、近くの大衆食堂でうどんを食べながら、死体を隠す計画を練った。そのとき、Bさんの死体はコートで包まれ、車の助手席に放置されていた。

 13日午前、A容疑者は地下鉄で会社に出勤した。A容疑者には離婚歴があったが、上司に「妻が交通事故を起こしたため、事後処理をしてくる」とうそをつき、自宅近くのスーパーで旅行用かばんを購入、駐車場に放置していたBさんの死体をかばんに入れ、マンションの地下倉庫に隠した。

 警察大犯罪心理学科のイ・ウンヒョク教授は「犯人は女性を自分の所有物だと思う典型的な執着型ストーカーで、サイコパス(反社会性人格障害)の傾向が強い人物だ」と指摘した。

国際 : 「児童ポルノ撮影された」、仏女優エヴァ・イオネスコさ

日時: 2012-11-18  表示:3635回

AFP=時事 2012年11月15日(木)20時39分配信

【AFP=時事】フランスの女優エヴァ・イオネスコ(Eva Ionesco)さんが12日、子供の頃にヌード写真を撮影され出版されたとして、実の母親を相手取って20万ユーロ(約2000万円)の損害賠償を求める裁判を起こした。

 問題とされる写真はエヴァさんが4歳〜12歳だった1970年代に、イオネスコさんの母親で写真家のイリナ・イオネスコ(Irina Ionesco)被告が撮影したもの。いずれも性的に露骨な写真で、中でも11歳のときのヌード写真は米男性誌プレイボーイ(Playboy)に掲載され、イオネスコさんは同誌最年少のヌードモデルとなった。その他、複数の写真が米男性誌ペントハウス(Penthouse)にも掲載された。

 イオネスコさんは「子ども時代を盗まれた」と訴え、写真の返却も求めている。

 イオネスコさんの代理人を務めるジャックジョルジュ・ビトゥン(Jacques-Georges Bitoun)弁護士は法廷で、70年代は「小児性愛者のネットワークがまだ大きな影響力を持っていた時代」だと指摘した上で、「4歳の少女の脚を開かせ写真撮影するなんて、どうしてできるのだろうか」と問いかけた。

「子供をこのような姿勢で撮影することが芸術ならば、私は芸術のことを全く知らないのだろう。(写真では)子供が子供としては一切表現されておらず、売春婦扱いされている」(ビトゥン弁護士)

 一方、被告側代理人のルネジャン・ウルマン(Rene-Jean Ullmann)弁護士は、70年代は「もっと寛大な」時代だったと反論し、イオネスコさんが「母親に対する憎しみ」にかられて訴訟を起こしたとの疑惑を指摘した。

 判決は12月17日に下される予定だ。【翻訳編集】 AFPBB News

国際 : 売春女性の約40%が10代から開始、50%が性暴行を経験=韓

日時: 2012-11-14  表示:3748回

サーチナ 11月12日(月)12時4分配信

 ソウル市の性売買被害女性の自活支援センターは11日、売春被害女性の流入年齢が10代半ば〜後半と最も多く、約半数は家庭内暴力や性暴行を経験していたと明らかにした。韓国の複数のメディアが報じた。
 
 韓国メディアは「売春流入年齢層は10代が最多、多数の暴力を経験」「売春女性の半分は、性暴力を経験」などと題し、性暴力や家庭内暴力などの不遇な環境で育った女性が売春に陥る場合が多いことが分かったと伝えた。

 同センターは、2009年から3年の間に性売買被害女性413人から受けた相談内容を分析。その結果、初めて売春を経験した年齢が13〜19歳という回答が39%で、最も多かったと明らかにした。続いて20〜25歳が29%、26〜35歳が19%、36歳以上が4%の順となった。

 また、性売買被害女性の78人を対象に詳しく調査した結果、50%が性暴行を経験しており、時期は就学前が10%、小学校が23%、中学校は21%、高校が18%となった。55%は家庭内暴力を経験し、そのなかの44%は週に3回以上が手や足に負傷させられ、言葉の暴力、放任などの激しい家庭内暴力に苦しめられてきており、ほとんどが子どものころからだったという。

 性売買被害女性の40%は初めて売春をした理由について「お金をたくさん稼ぎたい」を挙げ、35%は「友達から勧誘されたため」と答えた。回答者の64%は自殺未遂をしており、そのうち68%が2回以上繰り返し自殺をしようとしていたことが分かった。(編集担当:李信恵・山口幸治)

国際 : (朝鮮日報日本語版) 女子高生が中絶手術中に死亡 (2012.11.14)

日時: 2012-11-14  表示:3756回

朝鮮日報日本語版 11月14日(水)10時49分配信

 今月10日、大学修学能力試験(修能試験=日本の大学入試センター試験に相当)を終えた女子高生が、ソウル市広津区華陽洞の産婦人科病院で人工妊娠中絶手術を受けている最中に死亡した。

 広津警察署によると、妊娠23週目だった女子高生(18)は今月9日午後、両親と共に広津区華陽洞のY産婦人科病院を訪れ、医師と相談した上、翌日に手術を受けた。女子高生は麻酔薬「プロポフォール」を投与され、手術を受けていた最中、血圧が低下し心臓の拍動が止まったため、近くの建国大学病院に搬送されたが、間もなく死亡した。女子高生は手術中、子宮に生じた直径3センチの穴から大量に出血したため死亡したものと推定される。警察は正確な死因を調べるため、女子高生の遺体の解剖を国立科学捜査研究院に依頼した。

 修能試験翌日の今月9日午後8時ごろ、娘が妊娠している事実を知った女子高生の親は、娘と共にY病院を訪れた。インターネットで夜間の診療が可能な病院を検索し、Y病院を知った。遺族は「B医師が『6カ月の胎児も中絶したことがある』として中絶を勧め、費用として現金650万ウォン(約47万円)を要求したため、一度に支払った」と話した。

 女子高生が死亡した後、遺族が確保したY病院のカルテには「ほかの医療機関でダウン症候群と疑われる診断を受けた」「男性から性的関係を持つよう強制され、妊娠した」といったことが記されていた。だが、遺族は「ほかの病院に行ったことや、男性から性的関係を持つよう強制されたことなどは話していない。違法な中絶手術を行い、問題が生じるのに備え、あらかじめ作成したうその文章だと思う」と語った。現行法では中絶手術は原則として違法だが、胎児に特定の遺伝的な障害や疾患があったり、強姦(ごうかん)などにより妊娠したりした場合に限り、妊娠24週以内に中絶手術を行うことができる。なお、Y病院は女子高生が死亡した後「個人的な事情」を理由に休業している。

国際 : (朝鮮日報日本語版) めいに7年間性的暴行、妊娠させたおじ

日時: 2012-11-14  表示:3674回

朝鮮日報日本語版 11月14日(水)10時50分配信

 めいに対し7年間にわたり常習的に性的暴行を加え、子どもを産ませた男に対し、検察が懲役45年を求刑した。懲役45年は、検察が求刑した有期懲役刑としては史上最も重い。

 水原地検平沢支部が13日に発表したところによると、めいに対し常習的に性的暴行を加えたとして逮捕・起訴された男(58)に対する論告求刑公判で、キム・ヨンシン検事は求刑理由について「性犯罪は精神的な殺人行為といえる。小学生から高校生まで約7年にわたり、わいせつな行為や強姦(ごうかん)を繰り返した被告人の罪状は極めて重い」と述べた。

 キム検事は、親族に対し強姦した者を7年以上の懲役とするよう定めた「性的暴力犯罪の処罰などに関する特例法」第5条第1項を適用し、有期懲役刑の上限30年に加え、犯罪が長期間にわたり続いた点を考慮して、併合罪として刑期の半分に当たる15年を加算し、懲役45年を求刑した。

 2010年4月に改正された現行刑法は、有期懲役刑の上限を30年、刑を加重する場合は50年と規定している。水原地検平沢支部の閔泳善(ミン・ヨンソン)支部長は「強姦殺人などの犯罪は死刑や無期懲役が可能だが、有期懲役刑だけを定めている犯罪のため、最高刑を求刑した。倫理に反する代表的な犯罪というてんを考慮した」と説明した。なお、改正前の刑法では、有期懲役刑の上限は15年、刑を加重する場合は25年と定められていた。

 被告の男は、同じ家に住んでいためい(15)に対し、小学生だった2005年9月から今年7月までの7年間にわたり、常習的に性的暴行を加えたり、わいせつな行為をしたりしたとして、今年9月に起訴された。めいは今年7月に男児を出産し、親子関係検査を行ったところ、被告が父親と確認された。なお、めいが出産した男児は現在、海外に養子に出すための手続きを行っている。

 男はめいに対し、出産してから2週間しかたっていない時点で再び性的暴行を加えた疑いも持たれている。また、めいが妊娠したことを知るや、めいが通っていた高校に出向き、保護者を装って自主退学を申し出たことも分かった。男に対する判決公判は14日に行われる予定。

 めいは現在、検察が後見人に指定した弁護士や、平沢・安城被害者支援センター、児童専門保護機関などの尽力により、保護施設で生活している。なお、検察はめいに対し、15年前に家出した実の母親との面会をあっせんしたが、めいは拒否したという。

国際 : スウェーデン若者の売春、男性が女性の2倍以上 (2012.11.13)

日時: 2012-11-14  表示:3857回

2012年11月13日 12:07 発信地:ストックホルム/スウェーデン

【11月13日 AFP】スウェーデンで、売春をしている16〜25歳の男性の数は同年齢層の女性の2倍以上という調査結果を12日、同国の国家青年委員会(Swedish National Board for Youth Affairs)が発表した。

 2254人を対象にした研究調査によると、16〜25歳のスウェーデン人男性のうち2012年に売春をしたことがあると回答したのは2.1%で、女性の0.8%の2倍を上回った。

 同委員会のマリー・ナイマン(Marie Nyman)広報担当によると、26歳未満の男女の売春の「顧客」の半数は同じ26歳未満だという。同氏は「これらの数字の後ろには、助けを必要としている約2万人がいる」と述べつつ、「なぜ男性のほうが女性よりも多いのか理解に苦しんでいる」と述べた。

 また、この研究ではスウェーデンの16〜25歳の若者の21.9%が「他人が報酬と引き換えに性的関係を持つことは許容できる」と回答しており、概して若い男性のほうが若い女性よりも寛容であることが示された。

 スウェーデン性教育協会(Swedish Association for Sexuality Education)のあるメンバーはスウェーデン通信(TT)に対し、若年層の男性同性愛者は「例えば2、3杯のビールとかテレフォンカードのチャージ代など、何かとの交換であれば自分たちのセクシュアリティを受け入れやすい」と推測できるかもしれないと述べた。

 一方、米国の性感染症専門の医学誌で2006年に発表された「世界地域別に見た性産業に従事する女性の推定人口」と題する研究では、スウェーデン人女性の売春率は世界でも最も低いグループに入る0.1%だった。(c)AFP

国際 : コメディアンを逮捕=BBC司会者の少女暴行疑惑―英 (2012.11.0

日時: 2012-11-06  表示:3804回

時事通信 11月2日(金)11時12分配信

 【ロンドンAFP=時事】英BBC放送の人気司会者だった故ジミー・サビル氏が生前、数百人の少女らに性的虐待を加えたとされる疑惑に絡み、英警察は1日、コメディアンのフレディ・スター容疑者(69)を逮捕した。10月28日には元ロック歌手ゲーリー・グリッター容疑者(68)を逮捕したばかり。逮捕者は2人目となった。
 警察は「60代の男を逮捕した」としか発表していないが、BBC放送など英メディアが一斉に実名で伝えた。サビル氏の被害者とされる女性の一人が14歳だった1970年代、BBCの更衣室でスター容疑者から痴漢行為を受けたと訴えていた。スター容疑者は無実を主張、警察に事情聴取を行うようテレビで求めていた。 

最新 >> 6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより