ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 399   400   401   402   403   404   405   406   407   408   >>  最初

その他 : [ニュースBOX]福島 不起訴事件の記録、民事で開示

日時: 2007-05-04  表示:8888回

[毎日](2004年1月13日)

 ◇「捜査が適切か立証に必要」??国、県「関連訴訟継続」と拒否
 女性にわいせつな行為をしたとして逮捕された後、不起訴処分となった男性が「うその告訴に基づく誤認逮捕だった」として県警(県)や検察庁、裁判所(国)を相手取った国家賠償訴訟で、不起訴事件の捜査記録を開示するかどうかが焦点になっている。原告は「捜査が適切だったかどうかを立証するために必要」と開示を求めるが、被告側は関連する刑事訴訟が継続していることを理由に拒否。このため、裁判の進行も滞っている。【町田徳丈】
 ■虚偽告訴
 国賠訴訟を起こしたのは会津若松市上町のパート店員、目黒哲郎さん(64)。「自宅でわいせつな行為をされた」という女性の告訴で、00年に強制わいせつ容疑で逮捕され、19日間拘置された。嫌疑不十分で不起訴になったが、取引先の信頼を失い、経営していた会社は廃業に追い込まれた。
 その後、目黒さんは女性を虚偽告訴容疑で告訴し、うそをついたことを認めた女性は1審で実刑判決を受けた(女性は控訴)。さらに目黒さんは捜査が不当だったとして03年9月、福島地裁に国賠訴訟を起こした。
 県は「捜査段階で女性の供述は一貫しており、捜査は適切だった」と主張する。これに対し、原告は、女性の供述が一貫していたかどうか検証するため、捜査記録の提出を求めたが、国、県は仙台高裁で女性を被告とした刑事訴訟が続いていることを理由に提出を拒んでいる。
 ■開示に風穴
 刑事訴訟法は、公判前の捜査記録の開示を禁じており、これを根拠に検察は公判に至らなかった不起訴事件の記録も原則非開示にしてきた。
 だが、被害者の立場を尊重する世論が高まったのを受け、法務省は00年3月、被害者本人や親族が損害賠償訴訟で被害を立証する目的で使う場合などは、不起訴事件でも死亡診断書、解剖の鑑定書など、捜査記録の一部の開示を認めた。
 関係者のプライバシー保護などを理由に公開されなかった供述調書も、01年12月、名古屋地検豊橋支部が強制わいせつ事件の調書を開示。02年9月にも交通事故を巡る民事訴訟で、国が大阪地裁に関係者の供述調書を提出するなど、情報公開に風穴が開きつつある。
 98年、統合失調症で通院歴のある男性に殺害されたいわき市の病院の精神科医(当時34歳)の遺族が、病院の設置者である市や加害者らを相手取った損害賠償訴訟(係争中)では、加害者が責任能力なしとされ、不起訴になったため、当初は供述調書などが開示されなかった。しかし、検察審査会の不起訴不当議決を経た再捜査で加害者が起訴されると、一転して開示された。「これで病院が加害者の監督を怠っていたことが具体的に立証できた」と遺族は話す。
 ■拒否の理由は?
 目黒さんの訴訟では、福島地裁も「警察だけでなく裁判官、検察官がどう判断し、逮捕に至ったか知りたい」と捜査記録の提出を求めている。しかし、県と国は記録を提出する代わりに女性を調べた捜査員を証人として申請する方針だ。
 捜査記録を開示すると、どんな支障が出るのか。国、県は法廷でも理由を明らかにしておらず、説明責任を果たしているとは言い難い。「開示拒否」の結論が先にあり、不起訴になった事件だというだけでは弱いため、継続中の虚偽告訴訴訟を持ち出しただけではないのか。
 石塚伸一・龍谷大教授(刑事法)は「捜査記録はプライバシーの固まりだが、国の税金を使って集めたもので公共性がある。今回は誤認逮捕などで捜査のあり方が問われているので、開示して実態解明に協力すべきではないか」と県と国の姿勢を批判している。

児童買春 : テレビ愛知の常務、児童買春容疑で逮捕

日時: 2007-05-04  表示:9619回

[朝日](2004年1月13日)
 18歳未満の少女と知りながらわいせつな行為をしたとして、愛知県警は13日、名古屋市中区千代田5丁目、テレビ愛知常務取締役で***部長の****(59)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)と県青少年保護育成条例違反(淫行(いんこう))の疑いで逮捕した。
 調べでは、*容疑者は昨年9月6日午後2時ごろ、同区のホテルで、同市港区の中学3年の少女(15)が18歳未満と知りながら、現金2万円を与えてわいせつな行為をし、同年12月7日午後2時ごろにも、自宅でこの少女とわいせつな行為をした疑い。*容疑者は「年は知らなかった」と話しているという。同県警港署によると、2人は携帯電話の出会い系サイトで知り合ったらしい。
 テレビ愛知によると、*容疑者は日本経済新聞社名古屋支社次長を経て、97年にテレビ愛知に出向。翌年に同社に転籍し、01年から番組編成の責任者である***部長を務めていた。自宅は東京都内にあり、単身赴任中だったという。
 同社はこの日、部長以上の社員に対して事件について説明した。松井孝****部長****容疑者は)まじめで仕事もてきぱきと処理し、積極的な人。事件は事実とすれば許しがたい反社会的行為であり、事件の詳細を把握した上で厳正に対応したい」と陳謝した。

児童買春 : <児童買春>サッカーJFL監督を逮捕 神奈川県警

日時: 2007-05-04  表示:9755回

[毎日](2004年1月13日)

 女子高生に現金を渡し買春行為をしたとして、神奈川県警少年課と厚木署は13日、サッカー・JFLの佐川急便東京サッカークラブ(SC)監督、O容疑者(41)=東京都大田区=を児童買春禁止法違反容疑で逮捕した。
 調べでは、O容疑者は昨年11月16日午後11時50分ごろ、同県厚木市内の駐車場に止めた乗用車内で、同市内の県立高1年の女子生徒(16)に2万円渡し、みだらな行為をした疑い。容疑を認めている。
 静岡県内で同日行われたJFLのリーグ戦(2―3で敗戦)の帰りに、小田急線本厚木駅前で帰宅途中の女子生徒に声を掛け、車内に誘い込んだという。「3、4年前から数人の少女に同じような行為をした」と供述しており、余罪を追及している。
 O容疑者は中央大卒。全日空などのサッカーチームでMFとして活躍。98年に佐川急便東京SCの監督に就任した。昨年12月終了の昨季はJFL5位だった。
 佐川急便本社の話 事実関係について把握していないが、事実であれば大変遺憾。個人の行為ではあるが、極めて恥ずべき行為であり、会社として厳正に対応したい。【広瀬登】

DV : DV被害者らを守るために 住民票の写し、交付拒否も―

日時: 2007-05-04  表示:9082回

[毎日](2004年1月13日)

 ◇来月から取り扱い要綱
 知多市は2月1日、ストーカーや家庭内暴力(DV)から被害者や家族らを守るための「住民票の写しの交付等に関する取り扱い要綱」(仮称)を施行する。県内では瀬戸市に次いで2番目。
 同市は、ストーカーやDV被害に悩む女性を対象にカウンセリングを行っている。02年度に116件あった女性相談のうち23件、03年度は4?10月の48件中5件がDV相談だった。このため、家族や転居先などに被害が及ばないよう、住民票や戸籍などの個人情報を保護することにした。
 要綱では、ストーカー規制法により警察から援助を受けた人か、DV防止法により裁判所から保護命令を受けた人が市長に支援を申請できる。これを受けて市は、(1)住民基本台帳の閲覧表リストから被害者やその相談者を削除(2)住民票の写しの交付を申請する者の身元などを厳格に審査し、場合によっては拒否、警察に連絡(3)加害者が特定されない場合、申請内容などを警察や被害者らに通報する――などの措置をとる。【林幹洋】

性犯罪 : 「出会い系」で少女2人誘拐、身代金要求の少年ら逮捕

日時: 2007-05-04  表示:9713回

[読売](2004年1月13日)
 出会い系サイトで知り合った大阪府寝屋川市の19歳の少女2人を車で連れ回し、身代金計約430万円を要求したとして、府警捜査1課は13日までに、同府羽曳野市の無職少年(19)と無職少女(18)を営利目的誘拐などの容疑で、仲間で18歳の無職少年2人を監禁容疑で逮捕した。
 少女らは保護され無事。少年らは「遊ぶ金欲しさにやった。これまでにもサイトで知り合った女性数人から数百万円を取った」などと供述。府警は捜査本部を設け、裏付けを進める。
 調べでは、少年ら4人は6日夜、少女らと同府八尾市内の駐車場で待ち合わせ、「暴力団と関係がある」と車内で脅迫し、ホテルなどに監禁。財布の4000円を奪い、カードで3万円を引き出させた。さらに「借りた車で事故を起こした。金が銀行口座に振り込まれないと帰れない」と2人の自宅に電話をかけさせ、それぞれ230万円と205万円を要求した疑い。
 少年らは、犯行が発覚しないように、少女の携帯や口座を使ったという。
 家族が7日朝、寝屋川署に届け、府警が捜査。8日朝、携帯電話の発信場所などから18歳の少年2人と少女らが乗った車を堺市内で発見し、少年らを逮捕。2人は「19歳の少年に指示されてやった」と供述。12日夕、広島市内の知人宅近くで逃走中の少年と少女を見つけ、逮捕した。

その他 : 観戦俳優がチョコを殴打

日時: 2007-05-04  表示:8509回

[スポーツニッポン](2004年1月13日)
 【IWA】女子VS男子の6人タッグで、竹迫にレイプまがいの攻撃を続けたチョコボール向井に対し、観戦していた俳優の山本陽一が激怒。口論の末、チョコを殴打する事件が起きた。「むかついて、つい(手が)出てしまった」と山本。チョコは「自分もただのAV男優からここまできた。覚悟はあるのか」と対戦の可能性が浮上した。また、WWFで活躍したボスマンの電撃参戦が決定。かつての盟友ウイリアムスとの抗争がぼっ発した。

性犯罪 : 公園で女児脅し、体触る 高圧電流銃?持った男

日時: 2007-05-04  表示:9493回

[共同通信](2004年1月13日)

 東京都八王子市の公園で7日午後3時半ごろ、小学4年生の女児(10)が高圧電流銃のようなものを持った男に脅され、体を触られる事件があったことが13日、分かった。警視庁八王子署は強制わいせつ事件として捜査している。
 調べでは、男は30?40歳で、身長165センチぐらい。上下とも黒っぽい服装でメガネをかけていた。
 男は高圧電流銃のようなものを女児に見せ「騒ぐと押し当てるぞ」と脅し、上半身を触ったという。
 女児は友達と2人で遊んでいたが、友達には被害はなかった。女児が帰宅後に話し、家族が110番した。

その他 : <催涙スプレー>男が会社員の女性に 東京・品川の京急

日時: 2007-05-04  表示:8792回

[毎日](2004年1月13日)
 13日午前8時10分ごろ、東京都品川区南品川3の京浜急行青物横丁駅上りホームで、男が会社員の女性(35)に催涙スプレーをかけた。男は近くにいた乗客の男性3人に取り押さえられた。警視庁品川署は男を暴行容疑で現行犯逮捕した。女性は目に痛みを訴え病院に搬送されたが、軽傷の模様。
 男は自称、横須賀市三春町3の自営業、*容疑者(38)。調べでは、*容疑者は京急久里浜駅発青砥駅行きの特急電車に乗っていたが、車内で痴漢行為を働き、女性が「痴漢」と大声を出したため、逃げようとしてスプレーをかけたらしい。事件の影響で同電車が2分遅れで同駅を出発した。【川辺康広】

ストーカー : ストーカーで区職員逮捕 26歳女性を待ち伏せ

日時: 2007-05-04  表示:9492回

共同通信(2004年1月13日)

 警視庁池袋署は13日までに、ストーカー規制法違反の疑いで、東京都豊島区生活産業課・中小企業対****容疑者(46)=東京都東久留米市中央町=を逮捕した。
 調べでは、*容疑者は2003年11月14日から12月25日まで、埼玉県内のアルバイト女性(26)を自宅や勤務先近くの駅で待ち伏せするなどストーカー行為を12回繰り返した疑い。
* *容疑者は02年4月、女性の勤務先で見かけて一方的に好意を抱き、いきなりネックレスを渡して交際を申し込んだが断られて、待ち伏せなどを始めたという。
 女性が池袋署に相談後、03年2月に「ストーカー行為をしない。示談金50万円を支払う」という条件で示談が成立したが、またストーカー行為が始まり、女性が再度池袋署に相談していた。
 高野之夫豊島区長はは「詳細が明らかになった段階で、厳正な処分を考えたい」とのコメントを出した。

その他 : 900人集め、緊急校長会 教職員不祥事10件で対策―

日時: 2007-05-04  表示:8683回

[毎日](2004年1月14日)
 ◇前代未聞
 わいせつ行為や盗撮、学校活動費の私的流用など計10件の不祥事で教職員計12人が懲戒処分になった問題で、県教委は13日、郡山市内で全公立学校の校長約900人を集めて緊急の校長会を開いた。県教委によると、同規模の校長会が不祥事対策で開かれるのは前代未聞という。校長会後には、全市町村の教育長90人を集めた緊急会議も開かれた。
 校長会で高城俊春・県教育長は「生徒との接し方に慣れやおごりはないか」と訴え、不祥事が頻発する原因について「自分には関係ないと思っている人が常にいるのではないか」と述べた。一方で「不祥事の処分が遅い」との指摘もあることを踏まえ、「これだけ不祥事が多いと刑事処分を待てない。正月もなくできるだけ早く対応した」と反論した。校長会ではまた、小、中、高の各校長会が連名で「宣言」を出すことを決めた。
 会議ではこのほか、今回の不祥事対策の柱として県教委が打ち出した全公立学区での「服務倫理委員会」の早期設置が通達された。委員会の人数や委員構成は保護者を含めるかどうかなど各校の主体的な判断で決めるが、「服務倫理指導者」として教頭が任命され委員会に参加する。定期的に会合を開き、不祥事防止の具体的な取り組みについて協議するという。
 県南地方のある高校の**(59)は「不祥事対策の議論を重ねてきたのにこの結果だ。委員会の設置や宣言だけではダメでこれらをいかに運用するかにかかっている」と話していた。【坂本昌信】
 ◇もっと突っ込んだ分析が必要??原町市教育長
 教育専門紙の記者として教育問題を長く取材し、市民の公募で民間から選ばれた渡辺光雄・原町市教育長に、今回の県教委の対応について聞いた。
     ◇
 県教委から示された資料はすでに報道された内容で、何の目新しさもなかった。どのような状況で、どんな人が不祥事を起こしたのか、もっと突っ込んだ分析が必要だ。緊急の校長会や教育長会は全体的に抽象的な話で、いつ、どんなふうに起こるかわからないことを注意しろ、と言われているみたいだった。
 ただ、不祥事を闇から闇に葬り去るのではなく、一応公表しようとしているところは一つの風穴と言える。さらに風通しを良くして、学校と一般社会との距離を縮めてもらいたい。新しく設置する「服務倫理委員会」は、教育行政と現場との連携強化のきっかけになる。「雨降って地固まる」としなければならず、「できました」だけでは意味がない。(談)

最新 >> 399   400   401   402   403   404   405   406   407   408   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより