ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 375   376   377   378   379   380   381   382   383   384   >>  最初

性犯罪 : わいせつ容疑 組長らを逮捕 県警

日時: 2007-05-04  表示:6685回

 福岡県警捜査4課と田川署は7日、強制わいせつの疑いで同県川崎町田原、指定暴力団太州会系組長、O(52)▽同組員、Y(21)―の両容疑者を逮捕した。
 調べでは、2人は昨年11月22日、同県田川郡内のパチンコ店で、当時店員だった20代女性を店内の男子トイレに連れ込み「おまえも子どもやないからわかろうが」「静かにせい、おやじの指を詰めるぞ」などと脅し、体を触るなどのわいせつ行為をした疑い。2人とも容疑を否認しているという。
 県警によると、2人は同店の常連客で、Y容疑者が「親分が呼んでるぞ」と女性を呼び、大森容疑者がトイレに連れ込んだ。Y容疑者は外で見張り役を務めていたという。

児童買春 : 鶴岡一中の講師が女子高校生2人に買春容疑、逮捕―酒田

日時: 2007-05-04  表示:6952回

 携帯電話を使った出会い系サイトで知り合った庄内地方の女子高校生(15)2人に対し買春したとして、酒田署は6日、鶴岡市立鶴岡第一中学校の講師、O容疑者(26)=同市西新斎町=を児童買春禁止法違反の疑いで逮捕した。
 調べでは、O容疑者は昨年11月初旬、2人が18歳未満と知りながら、酒田市内のホテルの一室で買春し、事前の約束通り現金を支払った疑い。
 昨年11月24日に2人に対する児童買春禁止法違反容疑で、塗装工の男4人を逮捕した事件の捜査から判明した。O容疑者は、大筋で容疑を認めているという。2人は同じ高校に通学している。
 O容疑者は新潟県朝日村出身で、01年3月に山形大教育学部卒業。同年6月から02年3月まで平田町立飛鳥中、同年4月から03年3月まで鶴岡市立鶴岡第四中で、ともに講師として勤務し、同年4月から同市立鶴岡第一中の常勤講師として勤務していた。同校では1年生のクラスを担任し、国語を教える一方、男子バスケットボール部の副顧問をしていた。
 同校の石名坂績(いしなざかいさお)校長は「(O講師は)これまで生徒とのトラブルもなく、本採用の教諭以上に一生懸命やっていただけに、とても驚いている。しかし、教育への信頼を裏切るこのような行為は許されるものではなく、監督責任を痛感している。二度とこのようなことが起きないよう、職員への指導をさらに徹底し、生徒、保護者らの信頼回復に頑張りたい」と語った。同校は8日の始業式で生徒に事実を伝え、同日以降に保護者らに報告するという。
 また、鶴岡市教委の本間重二教育長は「このような事件での逮捕者は(鶴岡市では)初めてだ。非常にショックであり、強い憤りを覚えている。常々、職員には自覚を持つよう求めてきたが、このようなことが起きてしまい、深くおわび申し上げる」と陳謝した。同市教委は、7日午前9時から同市役所で緊急の臨時校長会を開き、綱紀粛正について話し合う。
 講師は学校教育法28条などに規定され、教諭や助教諭に準ずる、授業も行うことが出来る。【山根真紀、長南里香】

ポルノ被害 : わいせつ映像を女性にメール 阪急バス運転手

日時: 2007-05-04  表示:6890回

[神戸](2004年1月7日)
 阪急バス(大阪府豊中市)は7日、同社西宮営業所の***(44)が、面識のない女性に対し、携帯電話でみだらな写真付きメールなどを送り付け、営業所長から厳重注意処分を受けたと発表した。メールのいくつかは勤務時間中に送られており、同社は「事実を十分調査したうえで厳正に対処したい」と話している。
 同社によると、運転手は昨年12月22?24日、バスターミナルでの待機時間中、この女性にわいせつな内容などのメールを数回送った。さらに勤務時間外には自宅から、下半身を露出した写真を添付したメールも送っていたという。
 女性は運転手と面識がなかったが、メールの内容から運転手の勤務先を突き止めた。同営業所に抗議したため、事態が発覚。営業所長が運転手に厳重注意した。
 同社には、乗務中の携帯電話所持を禁止する社内文書があり、バス内からの送信がなかったかなど、さらに運転手から事情を聴いている。

DV : 虐待やDV防止へ関係機関が連携

日時: 2007-05-04  表示:5978回

東奥日報(2004年1月7日)

 急増する児童や高齢者への虐待、配偶者からの暴力(DV=ドメスティックバイオレンス)を防止しようと、県は2004年度、新規事業に着手する。(1)関係者向けの総合対策(2)高齢者虐待防止(3)乳幼児虐待防止―の3点を柱に、マニュアル作成や研修会開催、啓発活動を展開する。
 県健康福祉部が04年度当初予算案に「虐待等総合対策推進事業」として要求している。
 虐待をめぐっては、これまでも6カ所の児童相談所、8カ所の配偶者暴力相談支援センター、県警などが相談に応じ、関係機関が啓発事業を行っている。
 しかし、DV被害者の女性が児童虐待の加害者になるなど、家族全体でとらえないと対応できない事例も多い。さらに、高齢者虐待は防止法が整備されていない上、通報先の窓口が明確でない。
 このため、新規事業では、従来行っている児童虐待やDVの防止対策と連携しつつ、県や関係機関が蓄積した知識と経験を共有。家族全体を支援する立場で事業を進める。
 総合対策として、県や市町村、ボランティア団体向けの防止対策マニュアルを策定。パソコンで相談事例情報を共有する。
 高齢者対策では、関係者による検討組織を新設。虐待防止・支援策の検討や関係者向け研修会を開くほか、防止・支援マニュアルとパンフレットの作製・配布を行う。
 乳幼児対策としては、「産後うつ病」にかかりやすい母親を事前にチェックしてケアするためのモデル事業や保健師向け研修会の開催、パンフレット作製を行う。
 県健康福祉部は「健康福祉こどもセンターを核に、市町村や団体を巻き込んだ対応を進めたい」と話している。
 ◇
<県内の虐待・DVの実態>
 2002年度、県内児童相談所には301件の虐待相談が寄せられ、中でも3歳未満の乳幼児の事例は83件に上った。DV関係では、センターと県警に寄せられた相談は546件で、15件が摘発された。また、県が昨年8月までの1年間に行った初の高齢者虐待調査では、家庭内の虐待事例が272件を数えた。

その他 : <女性タクシー>女性運転で女性客優先 国交省が試験運

日時: 2007-05-04  表示:5832回

[毎日](2004年1月7日)
 国土交通省は今月26日から来月27日まで、神奈川県座間市の小田急小田原線相武台前駅前で、女性乗務員が運転する女性客優先タクシーを運行し、利用客の反応を探る調査をする。一定期間とはいえ、女性客優先のタクシーが走るのは全国で初めて。
 同省が02年に、男女共同参画社会に関するアンケートを首都圏の女性約2500人にしたところ、6割近くが「女性乗務員のタクシーを利用したい」と答え、うち約3割が「深夜時間帯なら利用したい」と回答した。
 「男性乗務員だと乗りにくい」「リラックスできない」と、タクシーは女性に敬遠されがちな面もあることから、女性客優先タクシーを試験的に運行することになった。
 タクシー会社「相模中央交通」(本社・同県厚木市)が協力し、午後10時から午前2時の深夜帯、同駅前に専用乗り場を設け、女性乗務員が運転するタクシー7台を走らせる。料金体系は同社の一般タクシーと同じ。
 期間中、女性客と男性客双方の反応などをアンケートし、タクシー会社側の課題も調査する。関東運輸局旅客第2課は「将来的な本格導入の可能性を探りたい」と話している。【木村光則】

児童買春 : 遊び仲間の女子高生に援助交際を強要、少女5人逮捕

日時: 2007-05-04  表示:6832回

共同通信(2004年1月8日)

 警視庁少年事件課などは8日までに、高校1年の女子生徒(16)にホテルで男と売春させたなどとして、児童福祉法違反と傷害の疑いで東京都昭島市の無職少女(16)ら2人、傷害容疑で女子中学生(14)ら少女3人を逮捕した。
 少女らは、携帯電話の利用料が払えなかったため、女子生徒に「援助交際で金を作れ」と売春を強要。生徒の名前で伝言ダイヤルに登録し、昨年9月中旬の6日間で約20人の男性と会わせ、約14万円を稼がせたという。
 調べでは、少女らは昨年9月4日未明、昭島市の公園などで生徒の顔を殴ってけがをさせた上、9月13?15日に昭島市のホテルなどで、会社員の男(64)ら3人と売春をさせた疑い。男3人も児童買春禁止法違反容疑で逮捕した。
 少女らは生徒に「いくら稼いだ」と迫り、金を隠していないか身体検査までしていた。生徒はその後、飛び降り自殺を図り、重傷を負った。
 
■遊び仲間の女子高生に援助交際を強要、少女5人逮捕
[読売](2004年1月8日)
 遊び仲間の女子高生(16)に援助交際を強要していたとして、警視庁少年事件課は8日、東京都昭島市に住む不良少女グループの15歳と16歳の無職少女2人を児童福祉法違反(淫行させる行為)と傷害の疑いで、ほかのメンバー3人を傷害の疑いで逮捕したと発表した。
 調べによると無職少女2人は、女子高生が18歳未満であることを知りながら、昨年9月13―15日までの間、伝言サービスなどで知り合った都内の男性会社員(64)ら3人を紹介し、同市内のホテルでわいせつな行為をさせた疑い。また、昨年9月4日、女子高生に言いがかりをつけ、ほかの3人とともに女子高生を殴り、顔などに全治2週間のけがをさせた疑い。
 2人は、傷害事件でグループを恐れるようになった女子高生に対し、「援助交際してでも金を作れ」などといって、9月12―17日までの6日間に、伝言サービスで募った約20人の男性に引き合わせたうえ、女子高生の収入14万円を巻き上げ、携帯電話の料金の支払いなどに充てていた。

ストーカー : 規制法適用で9割やむ ストーカー行為で初調査

日時: 2007-05-04  表示:5977回

神戸新聞(2004年1月8日)

 県内のストーカー被害者の約9割が、県警による警告や禁止命令などの対応で「ストーカー行為が止まった」としていることが、7日までの県警生活安全企画課の調べで分かった。ストーカー規制法は2000年11月に施行されたが、県警によるこうした調査は初めてで全国でも珍しいという。
 調査は昨年7?8月、電話での聞き取り形式で実施。県警が同法に基づき、ストーカー行為者への警告や禁止命令、防犯ブザーの貸し出しなどの対応を取った被害者234人のうち、206人から回答があった。
 「ストーカー行為がなくなった」と答えたのは189人(92%)。一方、同じ人から再び被害を受けたのは17人(8%)。再被害までの期間は1ヶ月以内が11人だったが、半年以上たってから被害に遭った人が3人いた。中には1年3カ月後に、自宅の呼び鈴を鳴らされた人もいた。
 同課は「多くのケースでストーカー行為が止まっており、同法の効果が確認できた。それでも、殺人などの犯罪へとエスカレートする恐れもあり、引き続き相談者への対策をとりたい。気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。県警ストーカー相談TEL078・371・7830

性犯罪 : 会社員ら3人再逮捕 連続女性暴行に関与か 札幌西署

日時: 2007-05-04  表示:6397回

北海道新聞(2004年1月8日)

 2002年12月から03年11月にかけ、札幌市西区などで若い女性が相次ぎ乱暴された事件で、札幌西署は8日、逮捕監禁、強盗、女性暴行の疑いで、石狩市花川北5、会社員O(27)、同市花川北3、アルバイトY(28)、岩見沢市大和2、会社員N(30)=いずれも窃盗容疑で逮捕、起訴済み=の3容疑者を再逮捕した。
 調べによると3人は、03年11月13日夜、札幌市手稲区の路上で、帰宅途中の女性(23)を高圧電流銃で脅し、盗んで乗り回していたワゴン車に閉じ込め、現金1万2千円などを奪った上、乱暴した疑い。3人は容疑を認めているという。
 同署は03年12月、3人をワゴン車の窃盗容疑で逮捕。盗まれた車が犯行時に目撃されていたことから、暴行事件への関与を追及していた。
 札幌市西区や手稲区、石狩市などでは、夜に1人で歩いている若い女性が自動車内に押し込まれる暴行・強盗事件などが20件発生。同署は、O容疑者らが盗んだ自動車で犯行を重ねていたとみて、共犯者や余罪を調べている。

児童買春 : 出会い系サイトで中学生誘う 防止法違反、初の逮捕

日時: 2007-05-04  表示:6580回

[北海道](2004年1月8日)
 札幌北署は8日、出会い系サイト被害防止法違反(児童を誘引する行為)の疑いで、札幌市東区本町1、****(33)、同市厚別区大谷地西1、アル****(28)の両容疑者を逮捕した。昨年8月施行された同法による逮捕は道内初。
 調べでは、*容疑者は昨年11月、それぞれ所有する携帯電話を使って、インターネットの出会い系サイトの掲示板に、中学生に対して異性交際の相手方になるよう誘う文言を書き込んだ疑い。*容疑者は無関係だが、同じサイトを利用していた。
 同法は出会い系サイトを利用し、18歳未満の青少年に交際や性交渉を持ち掛けることを禁じている。

支援 : DV支援者の養成講座を開設へ 京都の民間サポートチー

日時: 2007-05-04  表示:6068回

京都新聞(2004年1月9日)

 ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者を支える京都の民間サポートチーム「ドメスティックバイオレンスサポーターズネット」(DVSN、小倉千加子代表)は、2月7日から京都市下京区のひと・まち交流館京都などで「サポートコーディネーター養成講座」を開く。20回の講座で支援に直結する実務知識を身につける。
 DV防止法施行後、女性や子どもにかかわる相談機関などは、DV問題への積極的対応を迫られている。しかし現実には、適切な支援方法を身につける機会やプログラムがほとんどなく、こうした場での2次被害が問題ともなっている。
 このためDVSNはこれまでの活動を踏まえ、専門家の理念と実務的なプログラムを企画。支援に必要なネットワークと、より確実で安全な支援体制作りを目指す。
 前期(2?6月)は理論編として支援者に求められる姿勢などを、後期(7?11月)は実務編で、危機介入の方法や生活再建に向けた社会資源の活用法、子どもに対するDVの影響とケアなどを、DV支援に携わっている専門家から学ぶ。
 定員50人(先着順)。参加費5万円(全回通し)、単回3000円。学生は半額。問い合わせはTel:090(5254)4387。

最新 >> 375   376   377   378   379   380   381   382   383   384   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより