ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 372   373   374   375   376   377   378   379   380   381   >>  最初

性犯罪 : 職権乱用の警部補を起訴、処分 東京

日時: 2008-04-17  表示:5787回

3月29日8時0分配信 産経新聞

 マッサージ店の女性経営者を脅迫し、無料でマッサージをさせたとして、警視庁に公務員職権乱用などの疑いで逮捕された警視庁蔵前署刑事生活安全組織犯罪対策課の警部補、****容疑者(57)が、女性経営者の胸を触るなどのわいせつ行為をしていたことが28日、分かった。警視庁は同日、**容疑者を懲戒免職処分にした。また、東京地検は同日、強制わいせつの****容疑者を起訴。公務員職権乱用の罪でも追起訴する。

性犯罪 : “肉体接待”拒否され「せっかくだから」とわいせつ行為

日時: 2008-04-17  表示:5875回

3月26日18時52分配信 産経新聞

 大手広告代理店「博報堂」元社員2人による準強制わいせつ事件で、****容疑者(41)=神奈川県藤沢市=が女性2人に睡眠薬入りワインを飲ませて眠らせ、同席していた接待相手の男性にわいせつ行為を勧めていたことが26日、分かった。男性に拒否され、**容疑者と****容疑者(24)=東京都練馬区=は「せっかくだから」とわいせつ行為をしたという。東京地検はこの日、準強制わいせつの罪で、*容疑者を起訴した。

 起訴状などによると、**被告は昨年12月15日、東京都港区の高級ホテルの客室で、30代の女性2人に睡眠薬入りのワインを飲ませて昏睡(こんすい)状態にさせた。**被告は接待相手の男性に「どうぞ」とわいせつ行為を勧めたが、男性は「何を言ってるんだ」と拒否して、寝たという。**被告は2人の体を触るなどし、**被告も1人にわいせつ行為をした。

その他 : 【法廷から】手鏡でのぞき、51歳被告の“家庭の事情”

日時: 2008-04-17  表示:5479回

3月26日11時32分配信 産経新聞

51歳になる男が、手鏡で女性のスカートの中をのぞこうとしたとして起訴された。法廷で明らかにされた犯行の背景には、被告の家庭にある“事情”があった?。*********被告は今年1月29日朝、東京都新宿区のディスカウントストアで、女性=当時(23)=のスカートの下に手鏡を差し入れたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた。

検察側の証拠によると、被告は図書館で手鏡を使ってスカートの中をのぞいている男を見て、まねをしたという。

弁護人「ディスカウントストアにはなぜ行った****** ***被告「CDウォークマンがほしくて行った」
弁護人「ディスカウントストアに行ったのはのぞこうと思って****** ***被告「思っていません**********被告は平成3年に交通事故に遭い、これがきっかけで結婚を前提に交際していた女性と別れた。

弁護人「交通事故で仕事を続けられなくなった****** ***被告「はい。交通事故があって、リハビリを受けて、しばらく車椅子(いす)で移動していたが、半年で歩けるようにはなった」

交通事故の****被告は左足に障害が残り、走ることができなくなったという。

それにしても、性欲を満たすためには、犯罪行為に走る以外に方法はなかったのだろうか。裁判官も、その点を突いた。

裁判官「手鏡以外の性欲解消方法はないのか****** ***被告「会社から給料をもらっても、母親に預けているので風俗にも行けない**********被告は給料をすべて母親に預け、買いたいものがあると、母親に言ってその都度お金をもらっていた。

裁判官「ディスカウントストアに行ったときも、お金はなかった****** ***被告「はい」
裁判官「(CDウォークマンを)見てどうするつもりだった****** ***被告「母に頼むつもりだった」

こういう状況だと、男性誌なども買いにくいようだ。
裁判官「(母親に言って)本を買えばいいじゃないですか****** ***被告「そうです」
裁判官「本代もだめなんですか****** ***被告「男親なら言えるが、こういうものを買うからといえる雰囲気がなかった」
裁判官があきれたように尋ねた。
裁判官「今年いくつですか****** ***被告「51です」
裁判官「母親に世話になっているのは分かるが、母親が金をくれないからやるという年齢ではないですよ****** ***被告「はい」

検察側の求刑は懲役10月だった。

最後に****被告を諭した。

裁判官「本当にやめてもらわないと。厳しい刑罰を課せばやめられるというものでもないと思うのでね。本当によく考えてください****** ***被告「はい」

「51歳にもなって」と被告を笑うのは簡単だ。だが、あきらめたような表情を浮かべ、傍聴席から好奇の視線を一身に浴びる被告を見ていて、別の思いがわいてきた。

人生に「もし」はないが、も*被告が交通事故にあわず、女性とそのまま交際していたら、どんな人生を歩んでいたのだろうか?。

明日のことは誰にも分からない。だからこそ、被告には今後、手鏡のぞきなどではなく女性と真摯(しんし)に交流する機会を見つけ、失った幸せを見つけてほしいと思う。

判決は4月10日に言い渡される。(末崎光喜)

人身売買 : 織原被告、2件は無罪主張

日時: 2008-04-17  表示:5950回

3月26日8時3分配信 産経新聞

英国人女性、ルーシー・ブラックマンさんが遺体で発見された事件など、計10人の女性に対する性犯罪で準強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた****被告(55)の控訴審初公判が25日、東京高裁(門野博裁判長)で開かれた。1審東京地裁ではルーシーさん事件については無罪、他の9人に対する犯行で求刑通り無期懲役の判決を受けており、弁護側はルーシーさん事件と平成4年2月に豪州人女性が死亡した事件について無罪を主張した。

性犯罪 : クラブで女性に乱暴 元エリート会社員に実刑判決

日時: 2008-04-17  表示:5811回

3月25日19時0分配信 産経新聞

 女性を乱暴してケガを負わせたとして、強姦致傷罪に問われた男性被告(28)の判決公判が25日、東京地裁で開かれた。高橋徹裁判長は懲役3年6月(求刑懲役5年)の実刑判決を言い渡した。
 高橋裁判長は判決理由で「(被害者が)短時間で知り合った被告に誘われるままついていったのは軽率」としながらも、「意思に反した性行為に応じなければならないほどの落ち度ではなかった」とした。
 その上で「逃げる被害者を床に引き倒し、顔面を殴って性行為に及ぶなど犯行態様は卑劣で容赦がない」と断罪した。一方で、男性被告には「離婚し、退職を余儀なくされた」などの同情すべき事情があるとした。
 判決などによると、被告は平成19年5月26日早朝、東京都港区のクラブで知り合った女性を渋谷区の自宅マンションに連れ込んだ上で、「無理やり犯してビデオに撮るぞ」などと言って会社員の女性=当時(25)=を脅迫し、顔面を殴打するなどして乱暴した。女性は右目に全治10日のケガを負った。

性犯罪 : 女児への強制わいせつで81歳男逮捕

日時: 2008-04-17  表示:5974回

3月24日8時1分配信 産経新聞

23日午後3時40分ごろ、川口市上青木の公園で、ベンチに座っていた男が、友人と遊んでいた小1女児(7)に「こっち来て」と声をかけた。男が女児を隣に座らせ胸などを触っていたところ、女児の母親に見つかり取り押さえられた。川口署に強制わいせつの現行犯で逮捕されたのは、同市前上町の無職、****容疑者(81)。「女の子の手しか触っていない」と否認している。

痴漢 : 痴漢の中学教諭、駅ホームで取り押さえ「前にも…」

日時: 2008-04-17  表示:5727回

3月23日21時12分配信 産経新聞

 御堂筋線なんば駅のホームで女性の体を触ったとして、大阪府警南署は23日、迷惑防止条例違反容疑で、東大阪市小阪本町、同市立中教諭、****容疑者(47)を逮捕、送検した。**容疑者は容疑を認め「前にもやった」と供述しているという。
 調べでは、**容疑者は21日午後8時25分ごろ、大阪市営地下鉄御堂筋線なんば駅ホームで、電車待ち中の女性(25)の体を触った疑い。
 女性が石井容疑者を取り押さえ、駆けつけた南署員が現行犯逮捕した。**容疑者は技術科の教諭という。

児童買春 : 出会い系サイト、どこまでが有害か「国に委ねられぬ」6

日時: 2008-04-17  表示:5842回

3月21日19時30分配信 産経新聞

 出会い系サイトにより18歳未満の青少年が性犯罪の被害に遭う事件が多発していることを受け、政府は2月下旬、出会い系サイト規制法改正案を閣議決定しました。運営業者に対し、届け出を義務化し罰則をつけることなどを盛り込んだものです。
 この「出会い系サイト規制」について、ご意見をネットで募集。3月18日までに398人(男性320人、女性78人)から回答がありました。主な意見は次の通りです。*********(1)改正法案で規制すべきだと思いますか。
YES→76% NO→2****** ***(2)有害性の線引きを国に委ねられますか。
YES→41% NO→5****** ***(3)有害サイト規制への着手は遅かったと思いますか。
YES→79% NO→21%

 ■モラルの徹底を

 大阪・男子大学生(23)「改正法案で規制するのは賛成だが、まずはインターネットの利用者に、使用する際の心がけを身につけさせてほしい。フィルタリングサービスなどで規制するより、モラルを身につけさせる方がネット社会の正常化につながると思う」
 茨城・女性パート(35)「規制すればするほど、どんどん闇で有害サイトが広がっていく可能性がある。そうなると、結局、イタチごっこで終わりそうな気がする。それならば、自己責任に任せた方がよいのでは」
 北海道・女性会社員(38)「有害サイトへのアクセスだけではなく、有害サイトの運営自体も規制してほしい。呼び込みのための無差別な書き込みやメールが送信されてくるのは不愉快だ」
 東京・男性自営業(48)「インターネット技術者の間では、有害サイトが問題になることは予測されていた。しかし『表現の自由』や『通信の秘匿』が壁になり、これまで厳しい規制ができなかった。今は、サイトをしっかりと管理すべき時期に差しかかっていると思う」

 ■言論の自由を守れ

 奈良・男子大学生(20)「有害性の判断を国に委ねると、政治家らにとって不都合なものが全部、有害サイトとして判定されかねないのではないかと心配している。有害性の線引きを国に委ねることには反対だ」
 愛知・女性介****(30)「有害性の線引きは国に委ねても問題ないと思うが、その規制を徹底するためには利用者の協力が必要不可欠だと思う。私は有害サイトを見つけるたびに管理会社に通報している」
 千葉・女性パート(57)「線引きを政府に任せるのは言論の自由に反する行為だ。知識人や実際に被害に遭った人たち、内情をよく知っていてセキュリティー面に詳しいプログラマーを活用していくべきだと思う」
 茨城・男性自営業(60)「インターネットを安全に使いこなす文化ができるまでは、しっかりと規制すべきだ。ただし、有害性の線引きは民間機関が行うようにしてほしい」

 ■遅すぎた政府の対応

 埼玉・男性会社員(33)「IT系のビジネスでカスタマーサポートから顧客サービスまで幅広く携わった立場から言えば、政府は対応に着手するのが遅すぎたといえる。インターネットに関する法整備がもろく、未成年者や海外の不法行為が野放しになっている現状に危機感を覚える」
 山口・女性会社員(30)「出会い系サイトでの犯罪は多発していたのに、今さら着手するのでは遅すぎだ。規制するからには新しい手口に厳罰を科すなどの対策を立ててほしい。犯罪者との知恵比べになるかもしれないが、根気強く戦ってほしい」
 京都・男性無職(67)「通信手段の進歩に社会が対応できていない。状況の深刻さを考えたら、だらだらと論議するより、まずは対応策を実施し、問題のある部分を修正していけばいいのではないだろうか」

性犯罪 : 駐車場で女性に暴行/美容師の男を逮捕

日時: 2008-04-17  表示:6007回

3月20日7時51分配信 産経新聞

 〈東京〉女性を駐車場に連れ込んで乱暴したとして、警視庁世田谷署は、強姦の疑いで、世田谷区下馬、美容師、佐****容疑者(26)を逮捕した。「やっていない」と否認している。

 調べでは、***容疑者は昨年2月21日未明、世田谷区内で、友人宅に向かっていた20代の女性会社員を後から羽交い締めにし、顔にナイフを突きつけて「声を出したら殺すぞ」と脅し、駐車場に連れ込み乱暴した疑い。駐車場に隠れて女性を物色。現場に残された遺留品か****容疑者が浮上した。

***容疑者は同年11月にも強制わいせつの現行犯で逮捕され、不起訴処分になっている。

性犯罪 : 強姦致傷 自衛官に無罪判決 山口地裁「警務隊取り調べ

日時: 2008-04-17  表示:6221回

3月19日17時2分配信 産経新聞

 同僚の女性(22)に睡眠薬を飲ませて乱暴し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたとして、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた山口県防府市高倉、航空自衛官3佐、***被告(40)=休職中=に対する判決公判が19日、山口地裁で開かれ、山本恵三裁判長は無罪(求刑・懲役10年)を言い渡した。

 判決理由で山本裁判長は、警務隊の取り調べについて「警務官が1時間くらい床に座り込んで泣きながら自白を求め、認めなければ大声でしかった」として、明らかに不当だと認定。警務隊への供述調書は信用できないとした。さらに、女性に睡眠薬を飲ませたことについても「合理的な疑いがある」と述べた。

 弁護側は「女性の尿から睡眠薬は検出されていない」と指摘。無罪を主張していた。

 前田3佐は航空自衛隊防府北基地(防府市)に所属していた平成17年1月9日夜、防府市内の居酒屋で女性に酔い止め薬と偽り睡眠薬を飲ませ、翌10日未明にかけてホテルで乱暴したとして起訴されていた。

 女性の被害届を受け、防府地方警務隊が17年2月、準強姦容疑で逮捕。山口地検は起訴後、強姦致傷罪に訴因変更した。同基地は、判決確定を待ち処分を検討する。

最新 >> 372   373   374   375   376   377   378   379   380   381   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより