ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   >> 最初

国際 : 保護施設の元売春女性「就職・創業目指し頑張る」

日時: 2007-11-13  表示:5523回

朝鮮日報 : 2005/09/22 13:25:01

 ソウル市では性売買特別法施行から1年目を迎え、ソウル市所在の性売買被害女性保護施設10か所に居住している元売春女性106人を対象に意識調査を初めて実施した。

 調査の結果、保護施設で暮らしている女性の80.2%が「施設に対する認識が肯定的に変わった」とし、68.9%が「生活の質が向上した」と答え、保護施設での生活が自活への力になっていることが分かった。

 また、今後最も希望することは「就職・創業」(51.9%)、「学業」(32.1%)、「病気の治療」(8.5%)の順で、自活の最も大きな障害は「本人の意思の弱さ」という答えが45.3%、「政府・地方自治団体の支援不足」17.9%、「前金(売春業者に支払った)問題」16.0%、「体の病気」8.5%より圧倒的に多く、自活を成功させるためには自分自身との闘いで勝つことを最も重要に考えていることが分かった。
朝鮮日報/朝鮮日報JNS

国際 : 【性売買】売春女性らが女性団体に「公開討論」を提案

日時: 2007-11-13  表示:5924回

朝鮮日報: 2004/10/20 15:14:48

 性売買特別法により生計手段を失い、集団で反発している全国の売春業女性らが20日、性売買根絶を協力に主張している女性団体との公開討論を呼び掛け、注目を集めている。

 全国の集娼街(売春街)の女性代表20人余はこの日、ソウル・プレスセンターで記者会見を開き「私たちの立場を公開で話せる機会さえ与えられていない」とし、「証言して合理的な対話の場を持ちたい」と女性団体に提案した。

 彼女らは「特別法施行後、多くの被害女性らが女性団体に助けを求めたというが、その統計でも公開すべきだ」とし、「けれども、もし売春女性が消えるべきならば、その手続きと時間についての解決策も一緒に話し合おう」と主張した。

 また「実際に携帯電話を追跡しドアにカギを閉めながら営業する闇の売春業者があるのは事実」とし、「しかし、そうした被害女性と生計のため自由意思を持った女性らを区分し法を適用してほしい」と要請している。

 さらに被害女性のための保護施設については「生活する上でも物足りないが、そこで行われる再生プログラムがフローリスト、美容、料理などに限定されており、適応が難しい」と不満を打ち明けている。

 そして「1か月の生活費支給も10万ウォンに過ぎず、再生プログラム修了後、創業資金に3千万ウォン融資してくれるとしているが、3年以内に返済しなければならず、結局借金を背負うことになってしまう」とし、「これが(風俗業者からの)前借金と何の違いがあるだろうか」と疑問を投げ掛けている。

 売春女性らは特別摘発期間の終了後、再び店に出るのかという質問について「生計のため死ぬ覚悟で闘うつもり」と答え、「デモへの強制動員説」については「徹夜でデモをするため疲れた体にムチ打って通りに出た」と真っ向から否定した。

 これに対し韓国女性団体連合側は「性売買による被害女性らが公開討論を提案してくれば、事実関係を把握した後、内部論議を経て決めたい」とし、「しかし性売買被害女性らと女性団体とは意見が食い違う争点はない」としている。

 女性連合側は「実際に今日の記者会見には一部地域の女性らは参加しなかった」とし、「会見場に来た女性らが実際に被害女性たちなのか、それとも業者関係の女性たちなのかについての把握も必要だ」と強制動員説に対する疑惑もほのめかした。

チョソン・ドットコム/朝鮮日報JNS

国際 : ボリビアの売春婦、唇を縫ってハンガーストライキ

日時: 2007-11-13  表示:6274回

10月25日19時14分配信 ロイター

 [ラパス 24日 ロイター] ボリビアの首都ラパス近郊のエル・アルトで24日、地元の売春婦たちが唇を縫ってハンガーストライキを起こした。先週に売春宿に反対する住民らが抗議活動を起こし、市長が売春宿や酒場の閉鎖を命じたことを受けたもの。
 同市の夜間労働者で結成される組合のリーダー、リリー・コルテスさんは「われわれは働く権利、そして、家族の生存のために闘っている」と地元テレビに対して語った。
 コルテスさんによると、直ちに命令が撤回されないようであれば、売春婦たちは明日にも自らを生き埋めにするという。 
 同国における売春は合法だが、売春のあっせんは違法となっている。
 コルテスさんらが抗議を続ける一方で、酒場や売春宿の永久閉鎖を求める学生活動家たちもハンガーストライキを実施しているという。

国際 : 米上院委員会、児童ポルノ禁止法の罰則強化法案を承認

日時: 2007-11-13  表示:5979回

10月1日17時10分配信 CNET Japan

 米上院商務委員会は米国時間9月27日、自社サーバ上に児童ポルノサイトが存在することを知りながら当局に通報しなかったインターネットサービスプロバイダー(ISP)に対する罰金を厳しくする法案を承認した。
  現行の連邦法 の下でも、ISPは自社サーバ上で児童ポルノを発見し次第「合理的に可能な限り早期に」全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)の Cyber Tipline (ネット上の通報受理システム)に通報することが義務付けられている。ただし、ISPは自ら積極的に違法画像を探すことまでは義務付けられていない。
 上院商務委員会は9月27日午後、満場一致の発声採決で、この The Protecting Children in the 21st Century Act (21世紀の子供たちを守る法案)を可決した。同法案では、現行法に従わなかった場合に科される罰金が3倍に増額されている。初犯の場合は15万ドル以下の罰金が科され、その後違反を重ねるごとに30万ドル以下の罰金が科される。
 またISPは、現行法では義務付けられていなかったさまざまな情報の報告が義務付けられる。それらの情報の例としては、(児童ポルノの掲載に)関与した人物または通報の対象であるコンテンツに関連するすべてのユーザーID、メールアドレス、地理情報、IPアドレスなどだ。
 しかし、このような罰金の増額や報告すべき情報の追加が本当に必要であるのか否かは必ずしも明らかではない。NCMECのErnie Allen会長が 2006年に議会で行った発言 によると、NCMECのCyber Tiplineは、1998年の開設以来、40万件以上の情報を警察に提供し、数百件の逮捕、起訴に貢献してきたという。
 またAllen氏によると、NCMECは、AOL、Microsoft、Yahoo、Google、Earthlink、United Onlineなどの企業と協力し、児童ポルノサイトを閉鎖に追い込むための技術的解決策を考案するという。
 混同のないように付け加えると、この法案は、商務委員会の有力メンバーであるTed Stevens上院議員(アラスカ州選出、共和党)が1月に提出した 同名の法案 とは全くの別物だ。Stevens議員はその法案で、2006年に大きな論議を呼んだオンライン上の児童保護のための2つの施策を復活させた。その施策とは、学校や図書館からのソーシャルネットワーキングサイト(SNS)やチャットルームへのアクセスを制限することと、露骨な性描写を含むウェブサイトに「Sexually Explicit(露骨な性描写を含む)」という注意書きを付していないサイト運営者に懲役刑を科すこと、の2つだ。
 しかし、9月27日に商務委員会で可決された法案には、これら2つの案はいずれも盛り込まれていない。その代わりに、同法案では、学校や連邦政府の監督機関に対し、オンライン上の安全に関する教育活動の立ち上げや、「オンライン上の安全や技術に関する作業部会」の創設を求めている。この作業部会には、オンライン上の安全に関する教育活動、アクセス制限ソフトやフィルタリングソフト、ペアレンタルコントロール技術の「普及状況」に関する報告書の発行に加え、それらの技術の使用を促進するために利用可能な「奨励策」に関する提案が義務付けられる。そして、(作業部会による)それらの評価が、新法制定を求める声の高まりにつながると考えられている。
 また同作業部会には、「児童犯罪に関連する」ユーザー記録の保持について、各ISPがどのような取り組みを行っているかを調査する任務も課される。そして、作業部会の調査結果次第では、Alberto Gonzales前司法長官がここ数年進めていたISPに対するデータ保持の義務付けの推進の復活に向けた第一歩となる可能性もある。
 しかし、いつものことながら、同法案の今後の行方は不透明だ。

国際 : CD店で爆発=ポルノ映画に宗教勢力反発か?サマワ

日時: 2007-05-04  表示:6388回

[時事通信](2004年1月23日)

 【サマワ(イラク南部)22日時事】陸上自衛隊の先遣隊が活動中のイラク南部サマワの中心部にあるCD店で22日午後11時40分(日本時間23日午前5時40分)ごろ、爆発があった。死傷者はなかった。この店はポルノ映画のビデオCDを扱っており、警察はこれに反発するイスラム勢力が何らかの爆発物を爆発させたとみて調べている。

国際 : 性交渉禁止年齢の引き上げ勧告=国連子供の権利委が日本

日時: 2007-05-04  表示:8589回

[時事通信](2004年1月31日)

【ジュネーブ30日時事】国連の「子供の権利委員会」は30日、日本に対する勧告を公表した。この中で、性交渉を禁止する年齢を引き上げることや(1)女子の結婚最低年齢を16歳から男子と同じ18歳に引き上げる(2)遺産相続などに関して嫡出子、庶子の区別をやめる(3)児童買春・ポルノの禁止対策を強化する?ことなどが盛り込まれた。

最新 >> 17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   >> 最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより