ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
最新 << 7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   >>  最初

ポルノ被害 : 本当に怖いリベンジポルノの実態 親しい間柄でも一線… (

日時: 2014-10-09  表示:3595回

夕刊フジ 10月6日(月)16時56分配信

 元恋人や元配偶者が、復讐のために別れた相手の裸の写真や動画をインターネット上に流出させる「リベンジポルノ」。昨年10月、東京都三鷹市で発生したストーカー殺人事件で注目され、被害の実態をテーマにした映画も製作されるなど大きな社会問題となっている。スマートフォンが普及し、無料通信アプリ「LINE」などのコミュニケーションツールが浸透するなかで、卑劣な嫌がらせ行為の被害は、女子中高生の間にまで広がっているという。

 スマホ片手に、鏡の前で身につけた衣服を1枚ずつ脱いでいく若い女性。

 パシャリ。

 カメラに収めた自分のあられもない姿は、LINEを通して交際相手の男に送信される。

 「もっと大人っぽい姿が見たい」

 男の要求は次第にエスカレートし、女性は求められるままにプライベートな部分をさらけ出していく。

 8月30日に東京・六本木のシネマート六本木で限定公開された映画「リベンジポルノ」の一幕だ。女優、七海(ななうみ)なな(25)が、交際相手とのトラブルからリベンジポルノの危機にさらされる、女優志望の女子大生を主演した。

 監督の羽生研司氏(47)は企画の意図を「リベンジポルノは、被害者、加害者、そしてその周囲の誰1人幸せにしない。インターネットの手軽さが怖さになる。その部分を映画を通して伝えたかった」と語る。

 映画のテーマにもなるほどに認知されてきたリベンジポルノの恐怖。

 その存在が世間に広まる契機になったのが、昨年10月、東京都三鷹市で起きたストーカー殺人事件だ。被害者の女子高生=当時(18)=は、フェイスブックを通じて知り合った加害者の無職男(22)と交際上のトラブルから殺害された。事件直前、男は、交際時に撮影した女子高生のプライベートな画像や動画をネット上に流出させていた。

 自民党が対応策の検討に乗り出すなど、法規制に向けた動きも出てきているが、事態がより深刻なのは、被害が中高生にまで広がっている点だ。

 ネット上でのトラブル相談を受けつけている「全国webカウンセリング協議会」理事長の安川雅史氏は、「三鷹の事件以降、被害相談が急増した。特に目立つのが中高生からの相談。事件前から潜在的な被害者が相当数いたということだ」と説明する。

 安川氏によると、同会に寄せられる相談は、昨年まで月平均1〜2件程度だったが、現在は同30件にまで増えているという。驚きなのは、相談者の約9割が女子中高生だということだ。

 「リベンジポルノという言葉が浸透してから、不安になって自分の画像をネット検索して見つけたというケースが目立つ。警察にも親にも相談できず、やむにやまれず、うちに駆け込んできた子どもたちがほとんどだ」(安川氏)

 被害内容は、大きく2パターンに分かれるという。ひとつが、別れた交際相手とのトラブルから被害に遭うケース。もう一方が、ネット上での疑似恋愛のような関係から相手に自分の裸の画像を送ってしまい、リベンジポルノの“標的”となるケースだ。

 「知らない相手だからこそ大胆になるという心理もあるようだ。周囲のことが見えなくなって冷静な判断ができなくなってしまう。そういう心の隙間を相手に利用されてしまう」(同)

 いまや、カメラが内蔵された携帯電話やスマホが普及し、気軽に画像や映像がやりとりできる時代だ。

 LINEやツイッターなどを通して、不特定多数の人とコミュニケーションが取りやすくもなっている。リベンジポルノとは異なるが、先月には米女優のジェニファー・ローレンス(24)ら海外セレブらのヌード写真が大量流出して、大騒動となった。

 軽い気持ちでの撮影や送信が、取り返しのつかない事態を招きかねない。被害に遭わないためにはどんな対策を取ればいいのか。

 先の安川氏は、「被害に遭う人の多くは、メールやLINEで一方的に別れを告げている。対面できちんと話し合い、お互いに納得した上で別れていれば、相手が恨みを募らせることもない。あと、自分のプライベートな画像や映像を絶対に送らないこと。交際相手へのプレゼント感覚だったり、2人だけの秘密を共有するという感覚になっていたりする人も多いが、親しい間柄でも一線を引かなければいけない」と警告する。

 もし被害に遭ってしまった時は、相手からの脅迫内容を記録し、早めに、不正な書き込みなどを削除する民間機関「インターネット・ホットラインセンター」などに相談することが大事だという。リスクは、すぐ目の前にあるということを肝に銘じておかなければいけない。

ポルノ被害 : リベンジポルノに懲役3年=今国会に法案提出へ―自民 (2014.

日時: 2014-10-09  表示:3651回

時事通信 10月9日(木)17時41分配信

 元交際相手らの性的な写真や動画をネット上に掲載する「リベンジポルノ」問題への対応策を検討してきた自民党の特命委員会は9日、画像を拡散させた場合に3年以下の懲役刑を科すことを柱とする被害防止法案を取りまとめた。
 近く公明党や野党との調整に入り、今国会に提出、成立を目指す。
 法案は、撮影対象者が特定される方法で性的画像を不特定多数に提供するなどの行為を「公表罪」と位置付け、3年以下の懲役または50万円以下の罰金に科すと規定。不特定多数に拡散させる目的で第三者に提供する「公表目的提供罪」は1年以下の懲役または30万円以下の罰金とした。被害者らの申し立てがなければ起訴できない親告罪とする。
 また、プロバイダーが被害者から画像削除の申し出を受け、発信者に削除への同意を照会した後、7日経過しても不同意の連絡がない場合には削除できるとするプロバイダー責任制限法の特例を設け、照会期間を2日に短縮する。
 リベンジポルノをめぐっては、政府は事案により刑法のわいせつ図画頒布罪や名誉毀損(きそん)罪などで処罰可能と判断し、現行法で対処する立場を取ってきた。しかし、自民党内で「被害者が泣き寝入りする例も多い」などと新たな法整備を求める声が上がり、2月に特命委を設置し、検討を重ねてきた。 

ポルノ被害 : リベンジポルノで新法「同意なく掲載」で懲役も (2014.10.09)

日時: 2014-10-09  表示:3623回

読売新聞 10月9日(木)14時30分配信

 自民党は9日、元交際相手のプライベートな性的画像などをインターネット上で公開する「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害を防ぐため、加害者に最高で懲役3年を科すことを柱とした「リベンジポルノ被害防止法案」(仮称)の国会提出を目指す方針を固めた。

 各党に賛同を呼びかけ、開会中の臨時国会で成立させたい考えだ。

 法案は、同党のリベンジポルノ問題特命委員会(委員長・平沢勝栄衆院議員)がまとめている。9日明らかになった法案概要によると、裸の状態などの性的な姿を撮影した画像について、被写体を特定できる状態で本人の同意なしにウェブサイトに掲載するなど、不特定多数の人に公開する行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとした。

最終更新:10月9日(木)15時59分

ポルノ被害 : 米女優らのヌード写真、また流出か K・カーダシアンさんら

日時: 2014-10-08  表示:3562回

2014年09月22日 07:43 発信地:ロサンゼルス/米国

【9月21日 AFP】米メディアによると、人気タレントのキム・カーダシアン(Kim Kardashian)さんなど芸能人のヌードを写したとみられる写真多数が、ソーシャルメディア上に再び流出した。ハッキングによる大規模な写真流出は、ここ1か月で2回目。

&#8195;芸能サイト「TMZ」よると、カーダシアンさんの他、米女優のヴァネッサ・ハジェンズ(Vanessa Hudgens)さん、サッカー米国女子代表のホープ・ソロ(Hope Solo)さんなどのヌード写真が20日、画像掲示板「4chan」とソーシャルニュースサイト「レディット(Reddit)」に短時間ながら掲載された。写真はすでにサイト上から削除されている。

&#8195;米ニュースサイト「バズフィード(BuzzFeed?)」は、女優のオーブリー・プラザ(Aubrey Plaza)さん、メアリー・ケイト・オルセン(Mary-Kate Olsen)さん、ヘイデン・パネッティーア(Hayden Panettiere)さん、 リーリー・ソビエスキー(Leelee Sobieski)さんらの私的な動画や写真、さらに前回の流出でも被害を受けた女優ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)さんの新たな写真も投稿されたと報じている。

&#8195;最初の大規模流出では、ハッカーらが米アップル(Apple)のクラウドサービス「iCloud」から盗み出した多数のヌード写真を、今月1日に公開。アップルは流出の原因について、クラウド上のストレージシステムへの侵入ではなく、被害に遭った女優らの個人アカウントが、推測しやすいパスワードの使用、またはアップルを装い個人情報をだまし取る「フィッシング」と呼ばれる手口だったと主張している。

&#8195;前回の流出では、ローレンスさんの他、モデルのケイト・アプトン(Kate Upton)さん、歌手のアヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)さん、女優のガブリエル・ユニオン(Gabrielle Union)さんが被害に遭ったとされる。(c)AFP

ポルノ被害 : セレブ写真流出、ハッカーの行為は「性犯罪」 専門家 (2014.

日時: 2014-10-08  表示:3707回

2014年09月04日 18:23 発信地:ロサンゼルス/米国

【9月4日 AFP】米女優らのヌード写真がインターネット上に大量流出した事件で、専門家らは3日、写真を流出した人物らを児童性犯罪を含む罪状で訴追することが可能であり、また訴追するべきだと提言した。

&#8195;アカデミー賞女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)さんや、少なくとも1人の未成年被害者を含む写真の流出は、嫌がらせや性的暴行として訴追される可能性もある。

「これは性的攻撃で女性をモノとして扱う行為。犯人は訴追されるべき」と心理療法士のジュディ・ブルーム(Judi Bloom)氏は語る。

&#8195;人気歌手リアーナ(Rihanna)さん、モデルのケイト・アプトン(Kate Upton)さん、女優のキルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)さんらを含む多数のスターの画像がインターネット上に投稿されたのは前週末。米アップル(Apple)は「標的を絞った攻撃」があったことを認めたが、同社のクラウドサービスに侵入されたということは否定した。

&#8195;事件については強い非難の声も上がっているが、一方で逆の意見を述べる人もいる。

&#8195;米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)のコラムニスト、ロビン・アブカリアン(Robin Abcarian)氏は、「セレブで、デジタル写真のためにヌードポーズをとったのなら、私的なものであり続けることを期待してはならない」と述べている。

■サイバーハラスメント

&#8195;だが写真を盗まれインターネット上に公開されたセレブらを擁護する人々は多い。

&#8195;映画「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズに出演した女優のエマ・ワトソン(Emma Watson)さんは「ソーシャルメディアで女性のプライバシーが侵害されたのを見るよりも最悪なのは、それに関連した共感の欠けたコメントを読むこと」とコメントした。

&#8195;テレビシリーズ「ガールズ(Girls)」の製作者で女優のレナ・ダナム(Lena Dunham)さんは「覚えていて。これらの写真を見るとき、あなたは彼女たちを繰り返し侵害している。良いわけがない。写真を盗んで流出させた人物はハッカーじゃない。性犯罪者だ」と述べた。

&#8195;2年前、女優のスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)さん、ミラ・クニス(Mila Kunis)さんらセレブたちの写真をインターネット上で盗むという同様の事件があったが、その犯人は禁錮10年の実刑判決を受けた。

&#8195;芸能情報サイトTMZによれば、女優で元五輪体操選手のマッケイラ・マロニー(McKayla? Maroney)さんの流出した画像は一部、未成年の時に撮影されたものだったという。ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、流出した人物には児童ポルノ容疑がかけられる可能性もある。

■一般人も注意が必要

&#8195;米国では2008年、18歳のジェシカ・ローガン(Jessica Logan)さんが画像を流出され首つり自殺する事件があった。流出した画像はローガンさんの元恋人が、ローガンさんと別れた後に大勢の人に送付していた。

&#8195;女性が被害者となることが多いが、男性が被害者になることもある。2010年、18歳だったタイラー・クレメンティ(Tyler Clementi)さんは、男性の恋人と一緒に撮影された写真をルームメートに流出され、投身自殺した。(c)AFP/Veronique DUPONT

ポルノ被害 : ヌード写真流出は「性犯罪」、J・ローレンスさんが初コメ

日時: 2014-10-08  表示:3890回

2014年10月08日 09:34 発信地:ニューヨーク/米国

【10月8日 AFP】ハッキング被害により自身のヌード写真がインターネット上に流出した米アカデミー賞女優ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)さん(24)が、事件後初めて公に心境を語り、今回の写真流出は「性犯罪」だと憤りをあらわにした。

&#8195;米誌「バニティ・フェア(Vanity Fair)」の独占取材に応じたローレンスさんは、「性的暴行」を受けた気分だと述べると同時に、流出写真が自分のキャリアに与える影響を心配していると明かした。

&#8195;オンラインで8日に公開される同誌11月号でローレンスさんは、「私が公的人物で、女優だからとはいえ、こういうことを自ら求めたことにはならない」「私の体なのだから私の選択であるべき。自分の選択ではなかったという事実に腹が立って仕方がない。私たちがこういう世界に住んでいるということからして信じられない」と怒りを語った。

&#8195;ハッカーらは、米アップル(Apple)のクラウドサービス「iCloud」から十数人を超える芸能人のヌード写真を不正に入手し、先月にソーシャルメディア上に流出させた。アップル側は、芸能人のアカウントを狙ったハッキングと指摘している。

&#8195;ローレンスさんは「これはスキャンダルではない。性犯罪です」と断じ、「これは性的暴行です。胸が悪くなる行為。法改正が必要で、私たち自身も変わる必要がある。だから、これらウェブサイトにも責任がある」と主張。「ある人が性的に搾取され、傷つけられ得るということ、そしてある人の脳裏に最初に浮かぶのが、それから利益を得るという考えだということ。私にはとうてい理解できない」と語った。

&#8195;ローレンスさんは同誌に対し、流出した写真は、当時、遠距離で交際していた男性にあてて送ったものだったと語っている。

&#8195;流出事件では、被害に遭った女性芸能人ら十数人が、流出写真の取り締まりを怠ったとして、米インターネット検索大手グーグル(Google)を提訴する構えを見せている。米芸能誌ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)が掲載したティンセルタウン(Tinseltown)の著名弁護士マーティ・シンガー(Marty Singer)氏の書簡によると、女優らはグーグルに対し1億ドル(約108億円)の損害賠償請求を検討しているという。(c)AFP

ポルノ被害 : エマ・ワトソン、セレブのヌード写真リークに怒りのツイ

日時: 2014-09-29  表示:3966回

MovieWalker? 2014年9月3日 14時25分 配信

8月31日に、ジェニファー・ローレンスら101人のセレブたちのヌード写真がリークした事件を受け、エマ・ワトソンが怒りをあらわにしている。

“4chan”という画像掲示板内のあるスレッドへの「お宝ゲット」の書き込みで、アップルのiCloudに保存されていたジェニファーのプライベート写真約60点ほか、101人のセレブのヌード写真がオンラインに流出。興味を持ったユーザーからの画像入手の要望が殺到し、それに便乗してフェイク写真を1枚100ドルで販売しようと試みるものまで現れた。

これらの事件を受け、自らもヌード写真がリークし、オンラインに投稿された経験を持つエマは、「ソーシャルメディアを使って侵害された女性のプライバシーを見るよりも、それについてのあまりに無配慮なコメントを読むのはもっと最悪だわ」と怒りのツイートをしている。

デイリー・メール紙によれば、すでにFBIが、自らを「OriginalGuy?(オリジナル・ガイ)」と名乗り、グループハッキングを認めている謎の男を捜査中。また、ジェニファー・ローレンスの広報は訴訟を宣言している。しかし、通称オリジナル・ガイは、「サポーターたちの助けを借りて保存場所を移し、ポスティングを続ける」と宣戦布告もしており、1度流出した画像を阻止するのは難しい状況だ。【NY在住/JUNKO】

ポルノ被害 : 米女子代表GKソロ、被害拡大のプライベート写真流出事件被

日時: 2014-09-29  表示:3908回

SOCCER KING 9月29日(月)12時1分配信

 アメリカ女子代表のGKホープ・ソロが、同国を賑わせているプライベート写真流出事件の被害に遭った。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 アップル社のサービスである「iCloud」から多くのハリウッド女優やアーティストなど著名人のプライベート写真が流出し、何者かによって公開されてしまう事件が続いているが、今回被害に遭ったソロはプライベートで撮影したと見られるヌード写真が掲載されてしまった。

 ソロは自身のフェイスブックを更新し、「プライベート写真の流出によって非常に多くの女性の権利が侵害されたことは、とても悲しく不幸なことです」とコメントし、事実の解明と、女性のプライバシー保護の方法を模索していくことを声明で発表している。

 現在33歳のソロは、2008年北京、2012年ロンドンの両オリンピックで金メダル獲得に貢献。なでしこジャパンが優勝した2011年のワールドカップで、アメリカは準優勝に終わったが、ソロは大会最優秀GKに輝いている。

ポルノ被害 : ヌード写真流出の被害拡大…新たに26人 ハリポタ女優

日時: 2014-09-29  表示:4041回

SankeiBiz? 9月24日(水)12時3分配信

 米人気女優らセレブの個人的なヌード写真が米アップルのデータ保存サービス「iCloud(アイクラウド)」から流出する被害がさらに拡大し、新たに26人分の写真が盗まれ、ネットの写真掲示板サイトに投稿されたことが23日までに分かった。米タレント、キム・カーダシアンさん(33)のほか、米俳優、ジョニー・デップさん(51)の婚約者で女優のアンバー・ハードさん(28)らが新たに被害に遭った。映画「ハリー・ポッター」シリーズでおなじみの英女優、エマ・ワトソンさん(24)の写真流出を予告するなどハッカーは犯行をエスカレートさせている。アップルは安全対策を強化したが、いとも簡単に破られた。

 米芸能メディアなどの報道によると、他に被害に遭ったのは、米女優のヴァネッサ・ハジェンズさん(25)やガブリエル・ユニオンさん(41)、カナダの女性ロッカー、アヴリル・ラヴィーンさんら。今月初めに最初に流出が明らかになった女優、ジェニファー・ローレンスさん(24)と米歌手、リアーナさん(26)は、別の写真が流出した。

 犯人は、盗んだ写真を米画像掲示板の「4chan」と米情報サイト「ラディット」に投稿。すぐに写真は削除されたが、ハードさんは50枚もの写真が公開された。芸能メディアは、婚約者が受けたひどい被害にデップさんが大変な衝撃を受けていると報じた。

 また犯人は22日に、4chanで、ワトソンさんの私的ヌード写真を持っていると示唆し「次はお前だ」と、犯行を予告した。ワトソンさんは最初に被害が発覚した後、ツイッターで犯人を厳しく非難しており、そのことへの報復とみられる。

 複数の私的ヌード写真を投稿されたユニオンさんは弁護士らとともに会見し、「夫と共有していたプライベートな瞬間をハゲタカにリークされた。私はデジタルによる残虐行為の被害者だ」と激怒。米連邦捜査局(FBI)に捜査を依頼したと説明した。

 一方、アップルの最高経営責任者(CEO)、ティム・クック氏(53)は、米メディアに対し、一連の流出についてアイクラウドのセキュリティーシステム自体が破られたわけではないと説明。犯人は、ターゲットのユーザーネームやパスワードを推測して、不正にアクセスする「標的型攻撃」を仕掛け、推測しやすい簡単なパスワードを使っていたスターたちが被害に遭ったとみている。

 このため、利用者に複雑なパスワードへの変更を呼びかける一方で、誰かがパスワードを変更して普段使っていない端末でアイクラウドのデータを見ようとした場合、電子メールで顧客に警告を出すといった対策を導入すると表明した。

 だが、被害は広がるばかりで、アイクラウドの信頼性がさらに揺らぐのは避けられそうもない。FBIはすでにローレンスさんからの被害届を受け、捜査に着手しており、新たな流出も同一犯の可能性が高いとみている。ただ、米メディアは「FBIは依然、手がかりをつかんでいない」と報じており、卑劣なハッカーはネットの向こう側に姿を隠したままだ。(SANKEI EXPRESS)

ポルノ被害 : ラグビー部員が後輩の裸送信 京都市立中「悪質ないじめ

日時: 4044-07-16  表示:3904回

京都新聞 8月20日(水)9時29分配信

 京都市立中学校のラグビー部の3年男子部員3人が、後輩8人の裸の下半身を撮影し、複数枚の写真を無料通話アプリ「LINE」で友人に送っていたことが19日、学校などへの取材で分かった。暴行や恐喝行為もしており、学校は「悪質ないじめだった」としている。
 学校などによると、部員3人が撮影したのは、2年だった3月の春合宿中で、後輩8人に下着を脱ぐように強要したという。
 学校の説明では、部員3人は昨秋ごろから、部活動中や試合の帰り道に後輩の頭や肩をたたいたりするようになった。特定の後輩を集中的にタックルの練習と称して頭から落としたり、試合の帰りに駅のホームで線路に降りるよう指示したことがあった。後輩8人のうち、6人から複数回、お金を脅し取っていたという。
 学校によると、今年4月中旬、保護者が学校に相談して発覚した。学校は、公式戦を欠場するとともに、ラグビー部の活動を停止した。部員3人は後輩8人に謝罪した。学校の聞き取り調査に、部員は「いたずらで許されると思っていた」との趣旨の説明をしているという。
 校長によると、部活は5月下旬に再開したが、後輩8人のうち1人しか参加していない。校長は「悪質ないじめで、あってはならないことだった。指導を徹底している」と話している。

最新 >> 7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   >>  最初
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより